2008年06月28日

フィギュアスケートバトン

本日より早速回顧主義に走ったチェブ子さん、こんなバトンを拾ったのでやってみます^^。

1 あなたの「フィギュア経歴」を教えて下さい
92年のアルベールビル五輪から細々、97年以降どっぷり(2000年前後はあまり見ておりませんが・・・)。その後文明の利器を駆使して80年前後から一通り見ました!

2 好きな女性スケーターひとり
ひとりって難しいんだけど、スルツカヤ
力強い演技が好きで、そういうタイプのスケーターの中ではイーラが一番♪古くは伊藤みどり、荒川さんミキティロシェット系です。
エレガント系だと、クリスティ・ヤマグチとかキャリン・カダヴィとかが好き。

3 好きな男性スケーターをひとり
これはもっと大変、現役選手の中ではランビかも?
(あとで変えるかも・・・ごめんなさい。大ちゃんもトマシュもジュベールも好きだし、昔はイリヤ好きだったし、エルドリッジもペトレンコも好きだし、ヤグディン、プルシェンコ、ファデーエフも・・・/切りがない)

4 好きなペアを一組
ミシュクテノク&ドミトリエフ
同門先輩の、ワロワ&ワシリエフと悩んだのですが、完成度とかはこっちが上なので^^;

5 好きなアイスダンスペアを一組
これは迷うことなくクリモワ&ポノマレンコ

6 好きな必殺技
アクセルラッソーリフト
とっても基本のリフトなんだろうけど、これがビシッと決まるとカッコいいのよ〜。

7 どういうスケーターに惹かれますか?
スケーティングがきれいな選手。
現役のシングル選手だとポイキヨとかコルピとかフィンランド選手は皆キレイですよね。

8 今まで見た中で、鳥肌が立った演技は?
2005年世界選手権でのスルツカヤのFP
地元で全試合の最終滑走で、あれだけの演技ができるイーラは凄い!と心底感動しました。実況の樋口さんの「今日は彼女の日でしたね」はまさにその通りだと思ったものです。
2007年世界選手権でのランビエールのFP
ディフェンディングチャンピオンの執念というか、前日までの演技とは見違える渾身のポエタはゾクゾクしました。

9 今まで見た中で、涙した演技は?
94年リレハンメル五輪のヴィット様FP「花はどこへ行った」
彼女の思いがその一蹴りから全身から伝わってきました。。。

10 今まで見た中で、スタンディングオベショーンした演技が?
試合に行くと結構スタオベするのですが、最近では昨年の東京での世界選手権の安藤美姫とベルネルのFP

11 録画した中で、最も繰り返して見てしまう演技は?
92年のクリモワ&ポノマレンコのFD「G線上のアリア」
五輪を一番見るし気迫は段違いなんだけど、細かい足元の完成度は<ヨロ選な気がする。

12 タイムマシーン&どこでもドアを装備して、現地で見たい演技
それはもうアルベールビルのFDです!
祖国崩壊の混乱の中で、ソビエト選手の誇りを持ってのあの演技は生で見たらどんだけすごいんだ!?と。

13 好きな音楽
抑揚があって、盛り上がる曲
バレエとかオペラになるのかなあ、やっぱりロシア音楽がいい!
韃靼人の踊り、シェーラザード、トスカ、カルメン、マラゲーニャetc...

14 好きな衣装
トリノのサーシャ・コーエンのSP「黒い瞳」
曲にも彼女にもとってもよく似合っていて素敵だった〜♪

15 ペアを組むなら誰と組む?
ドミトリエフ
力強いから安心してリフトにのぞめます。自分より技量の劣るパートナーへのフォローも忘れないし(汗)

16 この人をコーチにしたい
ペアなら、ご本人もペアスケーターで1組に対して真摯に向き合ってくれるワシ様★
(最近のモスクビナ女史の指導には疑問を感じるので、名コーチだけど彼女は敢えて外しました)
ダンスなら、基本をしっかり教えてくれそうなリニチュク
シングルなら同じ理由でキャラハン

17 恋人にするなら誰?
んー、優しくて気配りできて大人のイメージなジェフ


笑ってもらえそうな質問のみです↓

◆思わず「へ?」っとなった演技
2004年世界選手権のプルシェンコのFP
ジャンプで転ぶのも珍しいのに、なんでもないところで転んだプルシェンコには一体何があったのか分らなかった。

◆思わず「へ?」っとなったプログラム
2002-03シーズン前半の本田武史「マミー」
クリポノの「アラビアのロレンス」
ヤグディンの腹踊りエキシビ
・・・多くは語るまい。

◆苦手な音楽
2005年のデンスタFDみたいな、オリジナルはどこへ?みたく全然違う方向にアレンジされた曲。スケーティングを殺してしまう曲はダメですね。

◆好きになれない衣装
2006年のジャン&ジャンのEX「葉っぱ隊」、何の罰ゲームかと思ったよ・・・。

◆コーチは勘弁
かつては名コーチだったのに今や試合会場ですらお見かけしないデュボワさん。あとで散々悪口言われるのはちょっと。。。
新採点に対応しきれず、選手の良さを生かし切れていないフランク・キャロルも限界を感じるので。

◆恋人には遠慮させていただきく・・・
後輩やらチームメイトにまでいつも目を配っていないとフラフラどっかへ行ってしまうズーリン。つなぎとめるには精神力も体力も尋常じゃなく消耗しそう。
違う意味で縛りのすごそうなポノマレンコ様もキツイかな(笑)


posted by チェブ子 at 02:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。