2008年07月01日

コンパルソリーダンス

今日から新シーズンがはじまります♪

【2008-2009年シニアCD】
Viennese Waltz
Paso Doble
Finnstep 
 →今季から新たに採用される、ラーカモ&コッコの95年OD「クイックステップ」です。
97年お正月の、チェブ子の初観戦試合「ホンダプレリュードカップ」の初日のODで2人がすべったダンスです♪その日のプラトフさんはリベルタンゴで転んだんだよね(笑)
代々木の体育館外ではタバコをふかす大柄な女性がいらしたのですが、それがタラソワさんだと分るのは何ヶ月も後のことでした。。。
ラーカモ&コッコは個性的ででもキレイなスケーティングのフィンランド人スケーターで、92年の民族性の色濃いポルカ、93年のFD「悲しいワルツ」が大好きです^^。
ヨーロッパデビューは底辺レベルも、95年にはチャンピオンになったお二人。「自分達を誇りに思う。誰もが不可能だと思うことを私たちはやり遂げた」って言ってましたけどそりゃそうですよね。

今年のNHK杯は、コンパル生観戦の最後のチャンスかもしれないので(泣)、大会初日から行きたいと思います!女子シングルはみれなくてもいい!くらい。
できれば大道のパソ希望〜♪
クリモワさん達の92年のパソは力強くてめっちゃカッコいいです。4年前のカルガリーのかわいいパソとは別人みたいで、4年でこんなに変わるのね!とはっきり認識できるのも同じ課題ならでは^^。
カルガリーではディック・バトンが大騒ぎで面白かったです。92年はどんな解説してたんだろう?今度探してみようっと。

【2009-2010年シニアCD】
Golden Waltz
 →クリモワ&ポノマレンコの名作87年OSP
Tango Romantica
 →パホモワ&ガルシコフの名作OSP(75年か76年?)

バンクーバーの年はタンゴロマンチカかゴールデンワルツ!
歴代チャンピオンへの敬意の表れかしら、ステキ♪♪♪
ゴールデンワルツはゆったり優雅ででも複雑なステップ・・・今の選手で滑りこなせるのはデロションくらいかしら。
タンゴロマンチカは女性がきびきびキュッてターンするところが大好きです★

最後のCDの可能性が高いので、とりわけ難しいCDを課題にしたとか?
ラーカモ&コッコのフィンステップは実質2年しか運用されなかった、とかなら何のために?って感じですよね。。。


CDは廃止で、ODとあわせて新しく「コンビネーションダンス」となるそうです。
2010年にジュニアで実施し、様子を見て翌2011年からシニアでも、ということらしいんですが。。。
・2分50秒以内
・1分と1分50秒の2つのパートに分け、短いパートで現行のコンパルに相当する決められたステップのダンスを、長いパートで現行のオリジナルに相当するダンスの組み合わせる
・短いパートは前半でも中盤でも後半でも可
・長いパート部分は、短い方と同リズムか、ISUから指定された3つのリズムから選択し、テンポは短いパートと異なっても可
・ボーカル曲OK、従来のCDに相当する短いパートの曲はISUの曲/自分達で選ぶ、のどちらでも良い

結局2006年までのODメドレーじゃん(複雑)!
ますますダンス不人気が進みそうで今からしょんぼりですたらーっ(汗)







posted by チェブ子 at 14:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。