2008年10月28日

スケートアメリカ



男子はアメリカのエース2人をおさえて小塚君が初優勝♪
テレビ観戦はできませんでしたが、アメリカでジョニーとエヴァンを上回ったのは立派です。
エヴァンは相変わらずフリーが弱いようで・・・。
ダンスはデロションが逃げ切り優勝。
リニチュクさんのところで基礎を磨いたであろうベルアゴをおさえたのは幸先いいですね★

女子はキムちゃんが大差で優勝。
↓簡単なテレビ観戦レポをあげたいと思います。

スケアメのためにさっさと帰宅し、ポイキヨの途中から見ました。
故障から復帰したようで、きれいな滑りのスケーターを見るのは気持ちが良かったです。
ラフマニノフのプログラム、07シーズンのフリーより似合っていた印象でした。

06年のチャンピオンのキミーの不調がとっても悲しかったです。
雄大な曲を選ぶんだけど毎年似合わないんだよね・・・。
ブレーンのミスではないかしら?
レイチェルとミライはスタミナ不足で減速しちゃいましたが、でもレベルも評価も取れていたし、キミーとの明暗くっきりという感じでした。

ゆかりんはジゼルの雰囲気がよく出ていたし、個人的には上位3人の中で一番好きなプログラムかも。
ズエバさんらしい、カーチャのジゼルを思い出しました。
片足でぴょんぴょんするステップ、カーチャはいとも簡単そうに滑っていたけれど、「すごく難しい」そうで、さすがソ連選手と思ったり^^;
ミキティはひっかかったりバランス崩したりで残念だったけど、序盤から飛ばすと気持ち的にも持たないだろうし、これからでは???

キムちゃんの点はね〜、チェブ子さん的には出すぎだろうと思うんですけど、ダーリンは「シーズン序盤でコレだけの完成度を見せられたらこの点は出るよ」と私よりいつのまにかすっかり詳しくなっちゃって(笑)
技のレベルがすごいのは分るのだけど、彼女のプログラムからは毎年あまり伝わって来るものがなくて・・・。
真央ちゃん然りで、あんまりこの2人はピンと来ず。
すごいんだろうけど、だから?みたいな。
男子はもう少し個性派ぞろいなので見応えあるんですけどね^^。

来週はスケートカナダです。
フィギュアファンは大忙しの秋ですねるんるん


posted by チェブ子 at 13:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。