2008年11月10日

関内Sisiliya

金曜の夜、関内のナポリピッツア「Sisiliya」に行ってきました♪
評判のお店なので予約なしでは無理かも?と思っていたら偶然空席ができ、10分も待たずに入店できました。超ラッキー☆

前菜に、
アスパラのカルボナーラ
マグロのタリアータ タップナードソース
を頂きました。
アスパラは石釜で瞬間的に火を通すアツアツの一品。
早く食べないと卵が固まっちゃう!と急いでいたので写真無しですが、すべてがトロトロ濃厚でとっても美味しかった〜。
表面を軽く炙ったマグロに乗せられたソースはオリーブが効いていて、こちらも美味vv
お酒が飲めないチェブ子さん、隣のダーリンが心底羨ましかったデス(笑)

ピザは2品頼みました ぴかぴか(新しい)
定番のブーファラのマルゲリータ
20081107201204.jpg
ここの生地は塩気が強く、焦げ目も美味しいモチモチのナポリピッツア。
トマトソースも美味しかった♪

クワトロフォルマッジョ+フンギ
20081107202752.jpg
チーズてんこ盛りに本気で仰天(笑)、普段は苦手なゴルゴンゾーラもクセが程よく効いていて、こちらも美味しかった♪
このチーズの量で1400円ってすごいなあ。。。

カウンター席から窯がよく見えたのですが、1枚に付き1分10秒の早業で焼き上げていました。
10秒もしないうちに生地裏に焦げ目が付き、絶妙のタイミングで表面に火を通していて、熟練の職人さんじゃなきゃできないなあ、とピッツア作りの難しさを実感しました。

西横浜のスペリアーモと比べると、サイズも一回り大きく、生地の塩気も強い男性的なピッツアという感じです。
どちらも美味しいので甲乙つけがたいのですが、生地そのものの美味さを比べると、チェブ子さん的にはスペリアーモかな黒ハート
でもシシリヤもぜひまた行きたいです。
残念ですが、西口の'A Mascara d'o pulecenellaはこの2店と比べると1ランク下がる感じが否めません(トラットリアの方は行ったことないので分らないですけどね)。

美味しい物を食べられる幸せを満喫した金曜日でしたるんるん


posted by チェブ子 at 11:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。