2008年11月17日

エリック



先週末はフランス大会でした。
真央ちゃんはジャンプが不調というか、プログラムがこなしきれてなくてタイミングが合わないのかな?
テンポが速くしかも3拍子、ポットリ様のお言葉を借りると「ワルツの心がないと踊れない」曲だったので、3月に向けてどれだけ自分のモノにできるか・・・楽しみでもあり心配でもあり。
ステップとかつなぎとか、すごくロシア的になっていて(笑)、振り付けも凝っていて、どちらかというとしーちゃんに似合うプロかなという印象でした。
しーちゃんも詰め込みすぎのタラソワプロがこなしきれずに苦労してましたよね^^;
ロシェットは今シーズン開花しましたね!
プログラムを自分のものにしている自信と貫禄にあふれ、すっごく良かったです♪
3位のキャロライン・ジャンも、この大会は安定してました。
回転不足はあったけど、でも全然気にならないくらい他の要素が昨日は良かった♪
(不調のゲテちゃん、3年前を知っているだけに悲しかった・・・。)

男子はすごかった!!!
ジュベールの不調がマジ心配→あのジュベールが2A+2Tなんて何があったのか、と我が家は鍋の〆のラーメンをすすりながら来週のロシア大会の心配までしちゃいました。
SPの小走り振り付け、あれひどくない(大笑)?
小塚君、彼はすご〜く上手になりましたね。
スケーティングに粘りがあって、つなぎも凝っていてでもスムーズで、「今のイーグルはボイタノ級だよ」とチェブ子さん的に最大の賛辞をおくりました(笑)
3Aが上手になっていて、膝のバネがすごかったし、ジャンプのランディング後の流れるようなカーブにうっとり。
優勝したパトちゃんもスケーティングが素晴らしく、往年のオーサーっぽい印象。
彼はリスクを回避して勝負、これはカナダの伝統かしら(笑)
この2人は、どれだけ基礎が大事かを見せ付けてくれました。
エヴァンやばいんじゃない?
ジュベールも、4回転だけじゃ勝負できないのを悟ったのでは?
これは真央ちゃんにも言えることだけれど、いくら大技があっても今の採点方式だとやはり最後は総合力のある人が上にいくんですよね。
彼女は3Aに固執せず、本当は他の5種類のトリプルを確実に跳べるようになることが大事な気もしますが。。。


posted by チェブ子 at 10:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。