2006年02月08日

ヨロ選−ペア表彰台の演技

CS放映された、ヨロ選のペアをみましたvv
といっても急いで見たので、SPは地味組だけ&FPは表彰台の3組だけの超駆け足^^;
五輪・ワールド、とどんどん試合が増えていくと本当に見るのか?と我ながら微妙だったりする(笑:GPSも全録画したものの見てない試合もある…と思う)。

今季の地味組の安定度・完成度はかなりのものだと思うので安心して見れますが、体調を崩したトトさんの出来が気になっていたのです・・・。
SPは解説の杉田さんが「演技時間が10秒長くなって、上手いペアだとあっという間だ」というくらい、相変わらずの出来でした。
ただ、GPFと比べると精彩に欠けたかしら?

☆FP感想☆

・ミニバン
やはり後半のスタミナ不足→スピード落ち+印象悪。
体系も含め、ペトロワさんって本当にペア向き。
ソロサルコウがダブルになっちゃったり、デススパイラルが他組比で小さかったり、スロージャンプが危なっかしかったり。
でもでも、その他のユニゾン・リフトの安定度はさすがソビエト!ハラショーって感じ。
1ポイントという僅差の3位。

・サフチェンコ
まず、勢いがあります。
サフチェンコのバネというのか、リフトに入る時・ジャンプの時の力は大したもの。
ゾルコビー君がちとかすんでしまう気がする^^;
スロールッツが両足着氷だったり、ソロ3トウがダブルだったり、細かなミスはあったものの、杉田さん曰くエレメンツ間にいろんな要素を取り入れてトランジッションで稼いでいる、結果の2位かしら?
もうちょっと洗練というか滑らかになるといいな〜。今後が楽しみ☆

・地味組
めずらしくソロサルコウでマリニン君がダブル(でも、その後3-2トウのソロコンボをしっかり決めて帳消し)、ソロスピンでずれたりもしましたが、でも圧倒的な1位。
基礎があってスケーティングがきれい+シングル出身のトトさんのジャンプ力+安定感、で無敵のカップルになったなあ、という印象。
デススパイラルも大きいし、トトさんの手の動きもステキ。
ファイナルの方が(生観戦だったし?)感動モノの出来でしたが、五輪へ弾みをつけるヨロ選5連覇ですね♪
SPとFPでマリニン君の髪型がちょっぴり違うの^^;
ワシ様がカメラに向かっておどけてみせたり(!)、余裕でした。


posted by チェブ子 at 11:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。