2006年02月12日

トリノオリンピック〜ペアSP

BSの再放送のおかげで、サフチェンコ達まで無事見ることが出来ました。
(次回から、終了時間を少し長めに設定しようっと)

んで、上位陣の感想をざーっといきたいと思います。
オリンピックに敬意を表して今回は本名明記でいきたいと思います。

*トットミアニナ&マリニン
「吹雪」の曲想にぴったりあった、雰囲気もユニゾンも技もスケーティングもすべてがパーフェクト!今のペア界でこれ以上のものは望めまい、というくらいのすばらしい出来でした。
見ていて鳥肌たちましたし、2位以下と点数だけじゃない“格の差”を魅せつけたんじゃないかなー、と思います。
有香さんの「すごーい」がすべてを物語るというか・・・。
マリニン君、ロンゲでパーマでドミトリエフ様みたい

*ジャン&ジャン
確かに、先シーズンよりも、今シーズンはじめよりもうまくなってます。
力技は大きいし、そういう意味でのペアの醍醐味を味あわせてくれました。
スローの、投げた後の男性が良くなっていてほっとしました。。。
勢いだけじゃなく、もう少し丁寧さとか魅せる部分(すべりそのものの向上を望む)が欲しいですが、まだ若いし。。。
刈屋さん、世界で初めて4回転ツイストを成功させたのは1987年のG&Gですから、お間違えなく。テレビに思わずつっこんじゃいました^^;

*ペトロワ&ティホノフ
彼らが2位でもいいんじゃないかしら?
ツイストの大きさは確かに劣るけど、ジャン達とはスケーティングそのものにもっと大きな差がついていると思うので、僅差とはいえちと不満。
(しかもジャン達はキタナイけど技の難易度だけでFPは稼いでくるので、危険)
今回のソロスピンはぴたりと合ってたし、ユニゾンはさすが。
「サーラバンド」がとっても似合ってました。
公式キャラの白チェブがラブリーすぎ☆

*パン&トン
・・・すんません、早送りです。
でも、調子を上げてきたのかな?流し見でもそんな印象をうけました。

*シェン&ツァオ
怪我で休んでいた期間はやはり取り戻せませんでしたね。。。
中国の若手2組に比べると、スケーティングはなめらかな気もします(あくまで国内比)
でも、SPでいっぱいいっぱいって感じだったからFPはもっときびしいでしょうね。

*井上&ボルドウィン
スローのトリプルアクセルという大技を大事な時にばっしと決める、その勝負強さというか精神力は見事。
ボルドウィンがガッツポーズしてたけど、どちらかと言うと頑張ったのは怜奈さんでは^^;

*サフチェンコ&ゾルコビー
スローのミスが響いて、本当に後半精彩を欠いてしまって勿体ない。
ここまできびしくPCSが下げられると思わなかったけど、それはヨロ選とかが出すぎだったということかしら?

*オベルタス&スラフノフ
雪組・サフチェンコ組にあれだけ点だすならこっちにもだしてやれよ、と思わず言いたくなってしまいました。。。
スター→ラッソーの変形がおもしろかったです。
デススパイラルは、昨今ではチェブ子的にかなり上位に入る好ポジション。
スローもフリップ(というかリップ気味?)で個性的。

*ザゴロツカ&シュデク
夫の老け顔が「ベテランです」と語る、すっかりベテランのペア。
全体的に、重いというかスピードがなかったように感じました。
後半のマックザナイフが、まったりした曲調だからいかんのか?
それとも・・・限界?


10位までかなりいいたい放題書いてきましたが、トトマリ達が圧倒的な差をみせつけたSPとなり、2〜8位はミスによる変動はあったもののダンゴ状態で、想定内の展開かなとは思います。
ただね、ロシアのトトマリ以外の2組への風当たりがきびしすぎるよ〜。

FP次第としかいえませんが、チェブ子予想はこんな感じ。
金:トットミアニナ&マリニン
銀:ジャン&ジャン(希望は2-3位の入れ替わりだけど)
銅:ペトロワ&ティホノフ
===================
4:サフチェンコ&ゾルコビー
5:パン&トン
6:オベルタス&スラフノフ
7:井上&ボルドウィン
8:シェン&ツァオ


さらに下位陣で目を引いたのは、カナダの若手二番手。
スピードは一番出てたんじゃないかしら?
雑でまだまだだけど、こういう100%攻めの姿勢ってみていて気持ちいいですvv


posted by チェブ子 at 21:04| ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?o
Posted by e-アフィリ at 2006年02月12日 21:36
はじめまして。はじめてコメントさせて頂きます。
ボルドウィンのガッツポーズは、2人が心の底から繋がっている恋人同士である事からもとても理解できますが。
当然井上さんが頑張っただけであの技が成功するものだとは思えません、男性側の投げる技術あってこそだと思うので。
Posted by 団長 at 2006年02月13日 15:43
>団長さん

コメントありがとうございます。
ボルドウィン君がミスってもったいない〜ということが多いので、つい口調がきつくなってしまって。。。
彼の投げる技術も、確かに重要ですね^^;
Posted by チェブ子 at 2006年02月13日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トリノオリンピック:ペアSP
Excerpt: お早すぎでございます。がんばって起きました。ペアSPをみていきますが、やっぱり眠いですね。トリノオリンピック導入のあの砂絵のようなイントロはどうなんですかね。まあ慣れますかね。昨日はみどころのミニ番組..
Weblog: False Start
Tracked: 2006-02-15 21:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。