2009年12月31日

2009年を振り返って・・・

育休中だとどうにも曜日感覚がなくて、気が付いたら年末じゃん!と大慌てで年賀状やら大掃除やらをこなしていたら、思ったより早く終わったので、少し気持ちに余裕のある年越しになりそうです。

さて、2009年を振り返ってみると、一番大きいのは出産したことぴかぴか(新しい)
妊娠も出産も入院も子育ても、全部がぜーんぶ初めての経験で、戸惑うとか不安に思う間もなく、気がつけば駆け抜けていった日々でした。
赤ちゃんの成長は本当にあっという間で、年初にはまだ性別もわかっていなかったBABYちゃんは、もう2回食モリモリ食べてお座りもしてるんですよグッド(上向き矢印)
睡眠不足や肩コリや慢性疲労等々、肉体的には確かにハードですが、毎日の笑顔やお喋りでそんなものも吹き飛んでしまいます。
ホント、毎日嬉しくて楽しくてHAPPYるんるん

子どもを通じて気がつくことも考えることもたくさんありました。
ベビーカーで出かけると、本当にほんの少しの段差に躓いたり、エレベーターに乗るために遠回りしたり、バリアフリーってまだまだなんだな、って実感しました。
子どもは大きくなるので来年は階段でも大丈夫になるけど、お年寄りや体の不自由な方が今までどれだけ不便な思いをしてきたかが分かった年でした。
妊娠中に席を譲っていただいたり、赤ちゃんを抱っこしていると「お手伝いしましょうか?」って声をかけていただいたり、世の中捨てたモノじゃないな、と思いました。
席を譲ってくださるのは、同年代の女性・男性(きっとお子様がいるのかな)、若い男の子−見た目ギャル男が優しかったです(笑)
逆に、いわゆる「おばちゃん」や50代の男性は全く優しくなかった。
年代の差なのかもしれないけど、ベビーカーでバス乗ったら文句言われたのはちょっと・・・って感じました。
捨てたモノじゃないと、まだまだだな、の両方を感じた1年でした。

子どもを通じて近所にお友達もできました。
同級生の赤ちゃんだと小・中学校まで一緒になるので、小さい内から子どもはもちろんママ同士で親しくなれたのは今後安心だし嬉しかったです。
1年で復帰するからママ友はいらないのかな、と最初は思っていましたが、いるに越したことはないです!
私のママ友は皆年上でオトナだからかもしれないけど、べたべた感はなく、月に1・2度お茶してお喋りして、良い気晴らしになってます。
きっかけは区の「赤ちゃん教室」、地域の集まりも行ってみると楽しくてよかったな、っと。

我が家で流行ったものをあげてみます^^;
★「うめーや、こりゃ」
GPロシア大会のプルシェンコの演技に対して開設の佐野さんが言った一言。
たしかに上手なんだけどそれって解説じゃなくって一視聴者の感想じゃん!と突っ込みましたが、我が家ではこの言葉が大ヒット。
ムスメに離乳食を食べさせるときにも「うめーな、こりゃ」とか言って楽しいお食事タイムを演出(?)中です。

★「さんぽ」
ムスメが泣きやむ絶対の曲は宮崎アニメのこの曲。
わがやで流れない日はないくらいヘビロテ曲で、フルコーラス歌えるようになりました。
夏ごろに替え歌もつくりました。ベビーカーだと北口から出かけることが多かったので、道順もぴったりに作ってあります↓
♪あるこう、あるこう
 わたしは○○ちゃん(←ムスメの名前)
 お出かけ大好き どんどん行こう
 ヨドバシ シャル地下 高島屋
 ジョイナス通って クイーンズ伊勢丹
 ルミネとそごうも行きたいな
 ベイクオーターも行きたいな


来年も、今年以上の驚きと喜びみ満ちた年になりますよう。
皆さま良いお年を手(パー)



posted by チェブ子 at 13:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウダウダ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。