2006年03月29日

おススメ本とそれにまつわる思い出

最近、いろんなところからフィギュア指南本・解説本が出ていますが、私が最初に買ったのはコチラ↓
  フィギュアスケートへの招待  フィギュアスケートへの招待新版 ←クリックで購入可♪♪
  1998年版           2004年版       2000年版  

「ワールドフィギュアスケート」でおなじみの新書館刊行のブック。
この本が出た97-98のシーズン、今ほどムック類も充実していなかったけれど、今読んでもなんら遜色ない出来の本だと思います。
いまやすっかり重鎮の解説者となった五十嵐さんによる、スケーティングの基本、ジャンプの見分け方、スピン・ステップ等の技術的なこと、採点方式の解説は秀逸。
他にも、佐藤有香さんのインタビュー、佐藤信夫さんの語る過去のスター、舞踊家によるバレエとフィギュアについてなどなど、読み応えばっちり。
旧採点+長野五輪前の本なので古いんですけどね^^;
過去の選手のこともたくさん紹介してあります。
今だと、トービル/ディーン、ゴルデーワ/グリンコフはあっても、ベステミアノワ/ブーキンやミシュクテノク/ドミトリエフ、クリモワ/ポノマレンコの紹介ってまずみないですし。
そりゃあ、長野・ソルトレイクと2つの五輪を経て、名選手も増えましたよ。
でもソ連時代のカップル競技選手って本当に皆すばらしかったし、いつまでも名スケーターとして君臨していて欲しいのに。
・・・くすん。
あと、巻末の過去の大会のメダリスト一覧がすごい!
五輪とワールドの、年と開催場所まで。
今なら、この人って○○のコーチ!?と新たな発見があるかもしれませんよ。

私はこの本をもってメダリストオンアイスのおっかけに行き(爆)、表紙にタラ・リピンスキーのサインと、中のカラー写真にクワンのサインを貰いました!
見開き左がタラちゃん、右がクワン、という作りでちょっとあせりました。
(クワン銀だったから、タラの隣のページってイヤかな?と)

20060329_2353_000.jpg      20060329_2354_000.jpg
つるつるのカバーだったために      97年のFPのクワン様
せっかくのサインがはげた(TT)      オリエンタルな雰囲気がお似合い

懐かしいです^^。




posted by チェブ子 at 23:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア〜昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。