2010年09月30日

ジャパンオープン2010

今週末に、毎年恒例の「木下工務店カップ フィギュアスケート ジャパンオープン2010」が開催されます。
現役スケータだと新プロのお披露目があったり、プロスケーターだと往年のプログラムが見れたりして、面白いですよね。
(例;昨年のミキティのSP披露とか、2007年のヤグディンはグラディエーターだった、とか)

3地域対抗試合ですが、出場確定選手は↓の通り。
日本:真央ちゃん、ミキティ、大ちゃん、小塚君
欧州:マイヤー、セベスチェン、プル、ブレジナ
北米:ロシェット、ファヌフ、ジェフ、リッポン
現世界チャンピオン男女がそろい踏みの日本ずるくないか?の布陣ですが、まあいつもこんなもんよね。
欧州の、ランビの席にもはやチェコの一番手ブレジナ!
トマシュは潜在能力は高いし、去年のゴッドファーザーだって若き日のドンの哀愁がよくでいたし、私好きなのに。。。立ち直れたかなあ。
マイヤーはすっかりお馴染みで、コルピではなくレピストの代わりにセベスチェン、そして皇帝プル。
ベテランで攻めるのね。
北米のジェフとロシェットはお馴染みで、未来ちゃんの代理のファヌフ、リッポンとは珍しいなあ。
エヴァンは忙しいのと今シーズンは休養だから(そして大ちゃんを食う可能性があるからか?)?
そういえばジョニーは木下には出ないな。

勝手な予想で、
女子:真央ちゃん、ミキティ、ロシェット、マイヤー、ファヌフ、セベスチェン
男子:大ちゃん、皇帝、ジェフ、小塚君、ブレジナ、リッポン
総合:日本、北米、欧州

本来の、レピストと未来ちゃんがいたら
真央ちゃん、ミキティ、未来ちゃん、ロシェット、レピスト、マイヤー
あ、結局総合は変わらないか^^;
期待度としては、ミキティ>未来ちゃん>真央ちゃん>レピスト、ですな。
真央ちゃんは今年は再生の年だろうから、結果を求めるのは早いし、ミキティの五輪・ワールド共に台まであと数歩!のモチベ−ションというか踏ん張りを見てみたいなあ。

東海道線車内で真央ちゃんのクランキーとストナの広告をよくみるのですが、2006年シーズンはガーナのCMにミキティもでてたよな、と思い出します。
企業に所属するのと、フリーでCMとかの収入を得るのとどっちがいいんだろう?
もしミキティがいなかったら、トヨタ的には真央ちゃんを社員にしたのかな。
真央ちゃんには、企業からオファーはなかったのかな。
男子では小塚君もトヨタだけど、大阪の大ちゃん・織田君にはそうゆうお誘いはないのかしら。


posted by チェブ子 at 11:26| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。