2006年04月25日

フィギュアスケートアワード2006 

niftyフィギュアスケート特集で募集している「フィギュアスケートアワード2006」
チェブ子的セレクトの発表ですvv

●フィギュアスケーター・オブ・ザ・イヤー
2005年なら間違いなくスルツカヤだったんですが、年間通じて輝いていた人は今年はいなかった気がするので、難しい。。。
該当者ナシかな・・・とも思ったのですがよく考えたらいました!
織田くんですねぴかぴか(新しい)
シニアに上がってあそこまでの快進撃はすごいし、しかも出来はたえず一定以上をキープし、ザヤックはあったけど^^;成績も残しましたし。

●ジュニアスケーター・オブ・ザ・イヤー
ワールドジュニアしか見てないので何ともいえませんが、キムちゃんか小塚君。

●プログラム・オブ・ザ・イヤー
トットミアニナ&マリニンのSP「snow storm」
コーチのワシ様がアマ最後の二人に作った思い入れの深いプログラム!
つめたくはかない雪の様子が、二人の持ち味とよく合っていたし。
次点:ドロビアツコ&バナガスのFD「オペラ座の怪人」
    新採点移行後のつっまらなーいダンス界に一石を投じたと思うので。

●コーチ・オブ・ザ・イヤー
なんだかんだ、モロゾフでしょう^^;
(どちらかというとコレオグラファー・オブ・ザ・イヤーかな?)

●コスチューム・オブ・ザ・イヤー
デロベル&ショーンフェルダーの、ヨロ選までのFD仮面コスチューム。
ベニスのカーニバルの退廃的なムードがよく出てたし、リニュ前のは本当に素敵でした。
ん?マッチ鉢巻も捨てがたい(笑)?



posted by チェブ子 at 10:32| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チェブ子さま、こんにちは。ニフティのフィギュアページ、更新されたと思ったら、投票やってましたね〜。
マダムナターリアが選ぶなら・・・として羅列してみました。(一部ラズベリー賞的なニュアンスも含めて選びました!)

スケーターオブザイヤー=エミリー・ヒューズ
もちろん、別にすごい成績を残したわけではないのですが、とても元気で、滑っているのを見ていて気持ちがよかったし、元気になれるような感じでした。失敗しても転んでも「私エミリーよ!」という感じでとるランディングポーズのアピールはすごい!

ジュニアはそうねぇ。真央ちゃんかなぁ。シニアに出なければよかったと思わざるをえません。

プログラム=ジュベ雄のSP007。拳銃撃ったり、ボクシングしたり、とても忙しいプログラムでしたので。

コーチ=ついにオリンピックや世界選手権の下位グループのコーチとしても見ることができなくなったデュボワさん。

コスチューム=焼肉の葉っぱ隊。世界選手権でもやってました。あれが全世界に放映されたんです・・・。

ああ、なんだかシニカルな書き込みになってしまいました。ごめん遊ばせ^^;

Posted by マダムナターリア at 2006年04月25日 13:02
コメントありがとうvv
E・ヒューズ、彼女はシーズン後半輝いてたからね。チェブ子もこれから期待の選手です。

ここで、勝手にラズベリー大賞あげちゃいます!
◆スケーター
クワン(あのドタバタが心象悪し)
◆ジュニアスケーター
浅田真央(シニアで持ち上げられて天狗になり・・・)
◆プログラム
浅田FPくるみ割り人形(ノービスじゃないんだから)
◆コーチ
中国ペアのコーチ(トリノの演技再開はずるくないか?)
◆コスチューム
恩田の前半のペンギン衣装、中野のピンクのドンキ、焼肉ペアの葉っぱ隊。
3着ガチです(笑)

デトックス 心の毒は 追い出せぬ
 〜チェブ子心の俳句より
Posted by チェブ子 at 2006年04月25日 15:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。