2006年06月27日

名実況&解説

下の記事に載せた刈屋さんのインタビューを読んで、刈屋さん以外のアナの名実況も思い出しました^^;

1992年アルベールビル/FD
いまや重鎮の五十嵐さん。
クリモワ達のダンスに感銘を受け「ここまで芸術的なダンスは見たことありません!解説の仕様がない」、声上ずってました。
五十嵐さんがここまで感情の高ぶりを見せたのって、最初で最後かな?
五十嵐さんとコンビを組んでいたのはNHKの西谷アナ。
演技中は二人とも無言、演技後に「髪を振り乱して踊るクリモワも大変に美しかった」の一言だけ。
薀蓄を語るアナが最近多いですが、こんな風におさえるところだけおさえて後は映像で視聴者に確かめてもらう―いいですね^^;
そんな西谷さん、ウソワ&ズーリンの時の五十嵐さん「ルール違反でNHK杯から衣装を変えてきました」に対し「着けてなかったんですか?」ってそんなんある訳ないでしょ・・・。

1994年リレハンメル/女子シングル
名前を失念してしまいましたが、カルガリーの頃から実況している落ち着いた男性アナ。
演技を中断したあのハーディングに向かって「泣き出しそう、演技が出来ない!」と、冷静なんだか感情移入してるんだか微妙なテンションで語ってました。
感動したのはヴィット様の時の五十嵐さん。
↑のアナの「やはり技術の低下が云々」の発言に「彼女がどういう気持ちでここに来ているのか、それを評価して欲しい」というようなコメントを出し、不覚にも涙がこぼれたチェブ子です。


posted by チェブ子 at 22:31| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギュア〜昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜。実況のお話を興味深く拝読しました。やっぱり80年代後半から90年代前半を担当していたベテランの実況アナウンサーは話もきちんとできた上で、独特の個性のおもしろさが光っていたように懐かしく感じます。(あ、リレハンメル女子フィギュアの「ああ、泣き出しそう!演技ができない!」はたしか杉林アナウンサーだったと思いますよ♪)いつだったか、NHKでも解説なしのグランプリシリーズの実況で間違ったことを言っちゃったり、解説(五十嵐さん)がいらしても、スローパートになると薀蓄を語りだしたり、というケースがあって、「ゆっくり演技を見たいんですけど〜=3」とうんざりした時期もありました。NHKも最近民放的な実況をするスポーツアナウンサーが増えてちょっと残念ですが、トリノの実況はよかったと思います♪(刈屋さんのインタビュー記事、「なるほど、こんな思いのたけもあったのね」と拝読しましたが、マダムナターリアは、時によってはちょっと彼と有香さんの実況・解説は“しゃべりすぎ・・・”、と思うことも。選手やその他、プライベートな事情までは(興味なくはないけど)NHKでは聞きたくない、というマダム的コダワリがあり^^;トリノくらいのペースでいつもやってくださると安心なのだけれど。(刈屋さん&有香さんファンの方、ごめんなさい!)
Posted by マダムナターリア at 2006年06月28日 12:26
杉林さんね!ありがとう^^;
今週末に名実況の復習でもする(笑)?

そういえば、刈屋さんも昔は「アーチャー・ドミトリエフ」とか噴出すような選手紹介したり、カーチャのソロで3アクセル!とか3ルッツ!とかありえない解説してたね・・・。
あれから10年か。
Posted by チェブ子 at 2006年06月28日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。