2006年12月18日

衝撃のGPファイナル その1

週末にロシアで開催されたグランプリシリーズ・ファイナル。
SPまでは予想通りと言うかFPが楽しみな雰囲気だったのに、、、FPではかなり衝撃の展開となりました。
チェブ子邸はBS加入していないので地上波放送の男女シングルしか見れなかったので、その感想をあげたいと思います。

【男子】
ウィアー
翌日のFPはケガで棄権してしまったそうですが、SPのアクセルとんで観客にアピ〜ル!な時にひっかかってすっ転んだのは、悪いけれど笑わせていただきましたよ(笑)またアニシナ姐さんに怒られたのでは???
織田くん
めずらしく、ジャンプミスが続いた織田くん。
アクセルで着氷の時、エッジが氷の上をきれいに滑ってしまったな、という印象があります。彼の飛距離のあるジャンプは好きなのに・・・残念。
大ちゃん
今日はなかなかよかった大ちゃん。
ウィアーよりアクセルがキレイでしたね。ステップも本当にうまいです。
ジュベール
今年も?な007のジュベール。
今日は本調子ではないのかしら?3月のワールドと比較して体に切れがなかったように感じられましたが、でも唯一の4回転ジャンパーとしてSPから入れてくれるのは嬉しいです。やっぱ男子は力強い選手が好きなチェブ子さん。

【女子】
マイヤー
スピンはもちろんきれいですが(苦笑)、スパイラルのひとつひとつのポジションも美しかったです。彼女は安定感が出てきていい感じです。
村主さん
2フリップが残念ですが、このメイクも雰囲気作りもさすが!でした。
高速スピンでしめるんじゃなくて、ステップでしめるのが意外性があって○
セベスチェン
相変わらずジャンプが豪快なのに、やはりセベスチェンはセベスチェンだった。。。
プログラムがちょっとスカな印象を受けるんですよね。
キムちゃん
スピードがあったし、昨シーズンからの滑り込んできたプロなだけあって手の先まで行き届いたいい演技でした!
真央ちゃん
キムちゃん以上のスピードがありましたね。
ジャンプも軽くて真央ちゃんらしかったのですが、キムちゃんとくらべると空いている方の片手がだらんとしていたり、もうちょっと神経が・・・と思いました^^;
ミキティ
表情もよかったし、何より自信にみちて気迫のあるSPでした。
これくらいメリハリがある曲でがんがん攻めるスタイルが合っているんでしょうね。昨年は何だかんだ言われていましたが、でもジャンプ以外の基礎部分はぐーんと伸びたと思っているので、去年があって今年につながるミキティだと思います。

FPはその2であげます♪





posted by チェブ子 at 15:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。