2007年02月14日

四大陸選手権も終って

四大陸選手権も終わり、あとは3月末の世界選手権を待つばかり。
昨日、無事にチケット発券もすみました^^
土曜の女子フリーは北ブロックだけど、あとの3日は南ブロック=正面席なので、安席だけど会場自体が大きくないから、いいんじゃない?と期待。

四大陸選手権、いろいろありましたね。
ダンスは新旧カップルのガチ対決が豪華でしたね!
早く放送が見たいです^^v
すぐりんのSP12位も驚きましたが、先シーズンからのケガが完治してないで無理を重ねてしまったのかしら?
元々技のバリエーションに乏しく、トップ選手が3+3をとぶ今の時代に、ジャンプ実質3種類でコンボも苦手、はあまりに悪条件かと。
実績も記録も申し分ないので、そろそろ引き際を・・・などと言うとファンの方からは怒号が聞こえてきそうですが。
彼女はアーティストな面に秀でていて、アイスショーが似合うなと生観戦するたびに思っていたので、余力を残して次の場で活躍して欲しいと一スケートファンとして思うのです。

四大陸選手権って、お金のかかるスポーツであるフィギュア選手が、少しでも多くの賞金を得られるように、って除欧州の四大陸を対象に始めた試合でしたよね。
クワンが世界トップを独走していた時期で、アメリカは2番手の選手の派遣大会で、「(欧州と同等の試合として設定しているのに)トップ選手が集らないのなら、四大陸は開催しない」とチンクワンタ会長が怒ってたような記憶が。。。
International Skatingの購読をしていた時期なので、2000年頃の話ですが。
いまや全米チャンプが全カテゴリーに出場するまでになって、試合としてのステータスもあがったんですね〜。


posted by チェブ子 at 14:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。