2007年03月30日

プレイバック長野

最近、夕食時に長野オリンピックのビデオを流しているチェブ子家です。
もう9年前になるんですよね〜。

高校生だった武史、ミーシンの方針かウル系のプロが似合わずダサかったヤグディン、ぷくぷくのスルツカヤ。
クワンもジャンプが高かったし、タラちゃんの華と勢いはすごかったな〜。
今は亡き?城田部長も若かった^^;
ダーリンは初めてみる若かりし頃の選手たちに大層驚いてました。
スルツカヤをみて「・・・エミリー?」
確かに近いですよね、元気いっぱいの雰囲気も体格も。
当時はスルツカヤも良かったのに!と思っていたのですが、冷静に見てみるとジャンプがダブルになったりスカスカだったり、5位は妥当だったんだな、と。

初めてみるグリプラにぽかーんとしてました。
CDのタンゴを見て、すべる距離も近いしフリーレッグの高さもピタリとあってて、すごすぎる!とのこと。
グリプラのFDもすごかったけど、GPファイナルのできのほうがよかったのであれこそ集大成だったな、と^^;
クリオブは雰囲気がさすがでしたね。
故障で引退を余儀なくされてしまったのが本当に残念、五十嵐さん曰く「ただ走っているだけ」でも、往年のベスブーほどの存在感はまだなかったので勝負にならんかったのかしらん。
アニペーがODで元気いっぱい!はじけてて可愛かったです。
こんな時もあったんだな〜(大笑)
FDをみてたら、最近のボーダフォンの予想外犬会議シリーズの曲だったので、「聞いてませんでした」と謝るビーグル犬がちらついて仕方がなかったです(笑)
それにしても強いジュリエットだなあ、ロミオの後追いなんて絶対しなさそう!
ロバアベは、ちょっと4年後が信じられないくらいの何て言うか、、、貧弱さでしたね。

録画されていなかったのですが、15位くらいに、ナフカ&モロゾフ、グルシナ&ゴンチャロフ、さらに下位にデンコワ&スタビスキー、と8年後の五輪を沸かせるとは当時全然思いもしなかった面子がぞろり。
うーん、ちょっと見直してみたいかも^^;


posted by チェブ子 at 10:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア〜昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。