2016年03月16日

3月

出会いと別れのシーズンです。

ムスメ@の卒園式と謝恩会も無事終わり、登園自体は3月31日までだけど、ほっと一息の我が家です。
天候にも恵まれ、文字通り晴れの舞台でした。
ムスメは念願の袴に身を包み、緊張の面持ちでしたが、卒園児皆立派でした。
卒園児から歴代担任にお花を渡したのですが、先生たちが皆やわらかい笑顔でとっても素敵な表情をしていて、良い先生たちに囲まれたんだな〜と思いました。
式ではやはり涙の母たち。
保護者代表あいさつで「東日本大震災を経験した最後の学年で・・・」と震災に触れ、当時を色々思い出しました。。。
その時の園対応は本当に良くしてくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。
まだムスメAもあと3年あるけど、でも、ひとつの区切りとして、6年間ありがとうございました。
卒園式に胃腸炎でこれなかった子がいて、「皆で卒園会やろう!」と明後日の夜に40名カラオケ(笑)

謝恩会の余興クイズとスライドも、とっても喜ばれました。
頑張った甲斐あった・・・追い込みラスト2週間は毎晩1時まで作業してフラフラでしたもん。
祖父母カメラマンのおかげで卒園式の写真も入れて、6年間の集大成のスライドとなりました。
スライド担当はオットで、コンセプトは「個人から仲間になっていく姿を追う」
年中さん後半から、肩を組んだり、皆でふざけあってぎゅーしたりする姿が増え、仲間として一つの単位になっていくのが分かりました。
よい出来だったと思います(自画自賛)
この学年はおとなしくて仲が良く、下の学年のいいお手本になっていたんじゃないかな。
保護者同士も、踏み込みすぎず・引きすぎず、でお付き合いしやすかったです。

アルバムも完成しました
写真をただ単にテンプレートに詰め込むのではなく、使いたい写真に合わせて全部レイアウト考えました!
個人ページでは、園の思い出・将来の夢・好きな遊び等、その子の「6歳の今」が分かるようにプロフィールも盛り込みました。
数年後に読み返したときに、この時はこんなの好きだったね、こんなの流行ってたね、と思ってくれれば。
そういう意味でもマイブックは作りやすかったな〜♪
こちらのコンセプトは「保育園楽しかったね」です。
写真見返していたら先生たちが色々工夫して保育してたことが分かって、そういうのも伝えたくて、普段の何気ない保育時間ものせました。
食育で、トマトや里芋を園庭で作って収穫して食べたり。
身近な材料(紙とタコ糸と割りばし)で、魚と釣り竿作って魚釣りしたり。
ゲームやおままごとに集中する姿からも、園生活充実していたね、って。
イベントだけだと同じ構図ばかりでアルバムとして中身がないし、かといって家庭の写真入れると「卒園記念」じゃなくなるし、掲載枚数も厳密に数えはしなかったけど、あんまり偏りがあっても良くないし。
気をつかいました^^;

謝恩会の係負担としては、楽しかったけど重かったな^^;
ムスメAの時は、正直@ほど園に対する思い入れ度がないので、今回以上のものを作れる気がしない。
他の方が作ったものを楽しみたい気持ちもあるし、次回はオットが保護者代表挨拶と勝手に思ってます。
慣習として「兄弟のいる家庭の下の子の時に、園に貢献してきた父がご挨拶」←当てはまるよ。

マンションの子ども会に入会し、小学校の登校班やら行事(お祭りとか)を話を聞いて、小学校生活がホントすぐそばに感じまして
不安もいっぱいですが、親子ともども無理のないように少しずつ頑張っていきたいと思います。
まずはサボってる名づけから(泣)


posted by チェブ子 at 13:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウダウダ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。