2007年10月30日

今更ながら日米対抗ほか

GP初戦のスケートアメリカも終わりましたが、テレ朝に全く期待していなかったチェブ子さんは全て見逃しました(笑)
ニュース画像で少し見ましたが、ミキティのステップの転倒って、2003年のしーちゃんサイーバースワン@ワシントンDCや、2004年のプルシェンコがなぜかこけたFP@ドルトムントみたい。
なんか溝でもあったのかな。
キミーが背伸びた?逞しくなった印象です。
ゲテちゃんの点数の低さがとっても心配・・・ズミエフスカヤさんのところを離れない方が良かったのかな?ケガ?調整不足?
大ちゃんの優勝はめでたいっすね♪

さてさて、いまさらながら日米対抗をようやく見たので感想を綴りたいと思います。

◆アメリカ女子
全員ジュニア選手?でしたが、どの選手もアメリカらしいというか古くはタラ・リピンスキー系の高速低空ジャンプばかりで将来がちと心配です^^;
キャロラインの柔軟性は確かにすごいんだけど、往年のミシュクテノクに比べると上品さにかけるというか・・・まぁまだ14歳だし。
この面子の中では、贔屓目なくてもナガスミライちゃんが一番伸びしろがあるように感じました。クワンの若い頃みたい。

◆日本女子
真央ちゃん
すっごーく上手くなりましたね!ホントびっくりです。
昨年までの、手をぱっと離しちゃったりだらんとするのが消えて、最後まで見栄えがしましたし、特にステップは素敵でした。衣装も!
タッチーやるじゃん(笑)
ミキティ
あの転倒は気の毒としか言いようがないけど、体つきもOKだし、世界女王の風格をもっと出せたらいいですよね。
昨年のSPと印象が変わらないんだけど、彼女には似合ってましたね。
この曲きくと、クリスティの初優勝91年を思い出すワタシ。
水津さん
日本勢の中で一番調子が良かったかな?
ループが苦手みたいですが、他はソツないし、場数を踏んでステップアップしていって欲しいものです。
村主さん
昨季より少しふっくらしたかしら?
曲がイマイチもりあがらないのと、せっかくの得意技も活かしきれていないような印象で、プログラムに問題があるような。さすがズーリン(苦笑)

◆アメリカ男子
ジョニーの格が上というか、ずば抜けていた印象でした。
昨年の「ナザレの子」もいいプロだったけど、今年はよりジョニーらしかったような印象です。日本通でジャージにカタカナで「ジョニー」って書いちゃうセンスは我が家で大爆笑でした。
経営者、あのスローな曲には正直まだ厳しい。。。太ったのかな?とにくかく動きが重そうでした。
キャリエールくんはアメリカっぽい選手でした。

◆日本男子
大ちゃんの衣装が個人的にちと微妙。。。
あまり滑りこなせていなかったのか、もう少し後に見てみたかったな。
南里くんは曲と動きがイマイチあっていませんでしたね。。。
町田君は膝が柔らかくて織田君系のジャンプを跳ぶ子だなあ、という印象。それにしてもタッキーかよ。
中庭選手、4回転を決めたのはすごかった!さすがの貫禄でした。彼は背も高いし、ジャンプがすごく映えるというか迫力が増します。


posted by チェブ子 at 11:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。