2007年12月12日

NHK杯フリーダンス

観戦してきたのは金曜のOD・ペアFP・女子SPなのですが、昨日テレビ観戦したFDがすごかったので、先に筆をとりました(笑)

夕ご飯を作りながらだったので、リード姉弟とフレイザー達は流し見だったのですが(汗)、あと4組はあまりにすごかったので途中で手を止めて見入ってしまいました。

カー姉弟「The Landing 」
宇宙船の乗務員みたいな、宇宙人?を表現したプログラム。
衣装も髪も振り付けもとにかくすごいインパクトのあるフリーでした。樋口さんも褒めてたもん。
カクカクした手の動きも凝ってたし、この組ならではのすんげー倒立リフトも更に進化してたかも!?後半の、姉貴が氷と平行になるヤツがすごかった。
本当にプラトフさんが振付けたのかな(←疑い)、ODもすごかったけど、個性的で好印象でした。
動きもよかったし、奇抜なんだけど往年のデュシェネー兄妹みたく奇抜だけに頼らない姿勢が感じられました。

ホフノビ「禿山の一夜」
追われるような曲調と、スピードあり過ぎなツイズル、スピン、軟体リフトがすごく合っていて、こちらも強烈でした。
ノビツキーの衣装の腕のひらひらが、スピードにあわせてなびくのが効果的。
まだ雑な感じは残るけど、滑りそのものは無駄なくスムーズだったし、とにかく勢いがあってよかった!
バンクーバー前にドムシャバ喰われちゃうんじゃないかしら??

テッサちゃん「シェルブールの雨傘」
本当に清々しくて、あっという間の4分でした。
スピードもあるしスピンもツイズルも上手だし、樋口さんが「こんなに正確にエッジの乗れる」と言うくらい、スケーティングも見事で、幸先オソロシイくらいです。

デロション「ピアノレッスン」
オリビエ君が無精ひげを生やし、なんだか貫禄のある今シーズン(笑)
彼らも本当に素敵でした。
イーグルのリフトのスムーズさ・安定感はやはりこちらが一枚上手で、存在感も華も断トツでした。
振付でも、手話が入ったり口を手で覆ったり、毎度ながら凝っていて、「ピアノレッスン」の世界をよく表現していたと思います。
テッサちゃん達ももちろん素敵なんだけど、見終わった後に「何か」が残るのはデロションだけでした。
ベルアゴ・ドムシャバ未見なんだけど、今年はワールドチャンピオンになってほしいなあ。。。
(去年のFDよりずっと素敵ぴかぴか(新しい)



posted by チェブ子 at 11:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。