2007年12月17日

グランプリファイナル!



決して「世界一決定戦」などとは思いませんが、シーズン折り返しの大イベントであることは確かなグランプリファイナルが終りました。

女子とペアは予想通りの優勝者。
男子は演技を見れば納得の王者、ダンスは未見なので何とも言えませんが予想外の組だったかと。

◆女子SP◆
波乱のSPで、真央ちゃんの2ミスは致命的でしたね。
彼女は今シーズン(世界選手権もだったけど)、SPとFPの両方を揃えられていないので結構しんどそうだなあ、と感じました。
キムちゃんはそつなく、ミスはあったけどあのスピード感と各エレメンツの加点ぶりは、とても効率的な勝ち方ですよね。
コストナーはやっぱりコストナーでした(笑)
キミーは悪くなかったのに、エレメンツの点が伸びず加点もあまり貰えていなかった。。。

◆女子FP◆
真央ちゃんが挽回できてよかったし、渾身のFPは今シーズン一番のできでした♪
キミーは3転倒が痛い・・・NHK杯のミキティみたいにぐだぐだと引きずってしまったのが見ていて痛々しかったです。
彼女は2006年から言われていた回転不足問題が、ここにきて致命的になってきました。しょんぼりな初ファイナルでした。
コストナー、3-3は高くてよかったし、この日のステップは女子1番だったと個人的に感じました。
地元での銅メダル、本当におめでとうぴかぴか(新しい)
キムちゃんはジャンプ(特にセカンドのトゥループ)が高くて素敵だった。
キムちゃんの2A+3Tの方が、真央ちゃんの2A+2T+2Lより基礎点自体が高いし、ジャンプが正確なので加点も高いんですよね。
リアルルッツの加点もあるし、多少ミスしても難なく点がでる構成がすごい。
さすがオーサー。

◆男子◆
ランビ、GPがイマイチだったから復調は嬉しいハートたち(複数ハート)
スピンも圧巻だったんだけど、ステップがレベル3でたくさん加点をもらっていて、レベル4の大ちゃんより結局要素点が高かったのが印象的でした。
ナフコスの勝ち方ですよね。
大ちゃん、難しいことに挑戦しているのはすごく評価できるんだけど、こなすのに精一杯って感じで、ランビみたく余裕をもって加点をばんばん貰う、という勝負の仕方もあるんじゃ?と今後を考えてしまったチェブ子さんでした。
あと、4回転は単発ではなく、コンビでも入れられる人がやっぱり強いなあ、と思いました。
ライサも4-3入るし、あとはプログラムで損している気がするので、もう少し密度の濃いFPを見てみたい!

いつもはテレ朝の番組の作り方がNGですが、ウィアーの自宅公開とランビのインタビューは面白くてよかったな^^。
ジョニークッション!しかもカタカナ(爆)
そのうちトマシュの自宅公開+トマシュクッション披露なんてことになるんじゃないか(笑)?



posted by チェブ子 at 14:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。