2007年12月28日

全日本女子SP

おそらく国内選手権では世界一のレベルの高さであろう、フィギュアの全日本選手権女子SPが終りました。
テレビ観戦ですが、気になった選手のレポを軽く挙げていきます。
(今回は、思ったほどお塩がうるさくなくて、いい気分で観戦ができました。よっぽど苦情が殺到したのだろうか・笑)

水津さん
日米対抗の時より上達していて、すごく楽しい演技でした。
3−3も入ったし、ビールマンもキレイだったし、次世代がまた順調に伸びてきているな〜と安心です。
世界ジュニアが楽しみ♪

鈴木明子ちゃん
初めて見ましたが、22歳らしく安定感があったし、抒情性にも長けていたと思います。
サラマイヤーをふっくらさせたような印象。
フリップがリップ気味なのは長久保クオリティ(笑)?

ミキティ
3−3が決まった!しかも、セカンドは根性で跳ぶわよっていう気迫が感じられて、責めの姿勢に入っててすごくいい演技でした。
フリップもきちんとインエッジで跳んでたし、これは後々大きいですね。
振り付けもこなれてきたし、まだ決まったわけじゃないけどワールド時の仕上がりが楽しみです。
→ニュース記事はコチラ

ユキナちゃん
肘から下の使い方が最高!
こんなに手で表情がだせる選手は、今の現役選手ではいないと思う。
スピンもスパイラルもキレイだった〜。
ジャンプはまだ不安ですが、1歩ずつ復活してきてほしいですね。

真央ちゃん
彼女も3−3が入って、今季初のノーミスSPでした。
ルッツのエッジとセカンドの2フットの減点が救済されているのか、インフレ気味でしたが、でも1位なのは納得です。
これで自信がついたのでは?

奈也ちゃん
得意のループがまさかのダブルで動揺したのか、昨日は精彩を欠いてしまいました。笑顔も泣きそうだったし。
気持ちを切り替えてフリーに臨んでほしいです。

すぐりん
まさか彼女が3位になるとは・・・。
確かにミスもなく出来も良かったんだけど、プログラム密度が薄いのが気になりました。
(でも、ゆかりんを自滅させたのは立派というか作戦?)

ゆかりん
直前滑走の、元同門&先輩のすぐりんが予想外に高得点をマークしたことで気持ちに余裕がなくなったんでしょう。
戦闘モードの顔で、前かがみになる悪い癖が復活、すべてに急いで忙しない印象のSPになってしまいました。
フリーでは落ち着いて、しっかり台にのってほしいです。

★FP滑走順★
真央ちゃん
水津さん
村主さん
ゆかりん
鈴木さん
ミキティ

真央ちゃんはいい位置につけましたね。
水津さんは真央ちゃんの大歓声の後でやりにくいかもしれないけど、ジュニアらしくのびのび滑って欲しいな。
またも、すぐりん→ゆかりんになるのは運命でしょうか。
万一神演技をされたら、ゆかりん落ち着けるか・・・心配。
そしてまた大トリがミキティ。
昨日の調子ならプレッシャーもいい方向に持っていけるかな?




posted by チェブ子 at 12:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。