2008年05月30日

フィギュアスケートアワード 2008

Sports@niftyフィギュアスケート特集」で受付中の第3回フィギュアスケートアワード。
チェブ子だったら・・・を選んでみました♪
書きかけですが、順次埋めていきたいと思いますのでよろしく。

===========================

1. 今シーズン、最も輝いていたフィギュアスケーター1を名(1組)選んでください。
バーチュー&モイヤ

2. 1のスケーターを選んだ理由は何ですか?
CDがまだまだ課題とは言え、シニア2年目で、あそこまで技術もプログラム密度も華も存在感もある組って他に類を見ないから。
昨季の悲しいワルツも素敵だったけど、今季のシェルブールも、得意のリフト・ツイズルはもちろん若いカップルの初々しさもよく表現していたし、毎年の成長が楽しみな2人です★★★

3. 1で選んだスケーター以外で輝いていたスケーター(シニア)を3名(3組)までお答えください。
@ 大ちゃん
A ロシェット
B ホフロワ&ノビツキー

4. 3のスケーターを選んだ理由は何ですか?
@ ワールドは残念だったけど、それ以外の試合での存在感はピカイチだった。
A 毎年実力をつけてきて、四大陸で台に乗ったとき、ロシェットもここまで・・・と感動したものです^^;
B 若手台頭の年だった07-08シーズン、彼らも存在感と有無を言わさない力でねじ伏せられるような独特のプログラムは面白かった!

5. 今シーズン、最も輝いていたジュニアフィギュアスケーターを1名(1組)選んでください。
6. 5のスケーターを選んだ理由は何ですか?
 →ジュニアは見てないのでパス。長洲さんか?

7. 今シーズン、すべてのフィギュアスケート(アマチュアの競技)のプログラムのなかから、心に残ったものを3つまでお答えください。
@ 大ちゃんのSPヒップホップスワン
A 真央ちゃんのSPファンタジア
B デロションのピアノレッスン

8. 7のプログラムを選んだ理由は何ですか?
@ フィギュアスケートの可能性をひろげた革命的なプログラムだと思う。こんなことも氷上で表現できるんだ!と。
A 真央ちゃんの成長におどろかされたし、曲と振り付けのマッチングもすばらしかった。
B ダンスと言うよりもう舞台みたいで(平松さんのクリポノ評みたい)、2人のダンスから上手く言えないけど何かを感じることができたから。感動???

9. 今シーズン、すべてのフィギュアスケートコーチのなかから、最も賞賛したい1名をお答えください。
難しいですね。。。
単純に考えるとジェフを復活させたアルトゥニアンに軍配があがるのでしょうが、それはジェフの潜在能力がなせたものなので違うし。
飛躍的に伸びた選手・・・いたっけ?
って保留^^;

10. 9のコーチを選んだ理由は何ですか?
同じく保留。

11. 今シーズン、すべてのフィギュアスケーター(アマチュア選手)の衣装のなかから、気に入ったものを3つまでお答えください。
@ カー姉弟のODのキルト
A
B

12. 11の衣装を選んだ理由は何ですか?
@ 自分達のルーツをとてもよく表現していたから
A
B

13. 今シーズン、フィギュアスケートに関わる人、物、事象など、すべての中から自由に、賞賛したいものをお答えください。また何に対して賞賛をしたいか、アワード名も自由にお付けください(マイ・フィギュアスケート・オブ・ザ・イヤー)
14. 13を選んだ理由は何ですか?
 →特にナシ。
  毒を吐くとジェフのタナボタ優勝にラッキー賞???




posted by チェブ子 at 13:00| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 確かに今シーズン、この存在感と若さの勢いで一気にワールド表彰台まで上がったヴァチュー&モイアは立派!CDの大ミスがあったとはいっても、彼らのメンターであるベルアゴを抜いてのワールド銀メダルは素晴らしかったと思います☆しかもまだ18歳と20歳って。けがせず順調に行けば、が前提ですが、末恐ろしいカップルです^^
(欲を言えば、彼らは2シーズンずつ同じ傾向のフリーのプログラムで来る気配があるので、
例:04−05タンゴ⇒05−06スパニッシュ
  06−07悲しきワルツ⇒07−08シェルブール
もっと年ごとにいろいろなカラーを見せてほしいな〜。) 
 来シーズンはアイスダンスの勢力図がどうなるかますます楽しみ♪
 デロションが味のある演技でワールド2連覇達成なるかしら!?
 ベルアゴもリニチュク&カルポノソフ夫妻への師事が決まったし、どうキャラクターを作ってくるかな?
 (デンスタはスタビの事故でもう復帰はないだろうし、マリパトもテッサちゃんたちがこれだけ台頭してきたら、もう戻ってこなくてもカナダアイスダンス界は安泰なのでは?だし、少しずつ世代交代・・・ですね!)
 
Posted by マダムナターリア at 2008年06月02日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。