2007年04月04日

エレジーちゃんのインタビュー

昨季、強烈なヨーロッパデビューを果たしたグルジアのエレーネ・ゲデバニシビリちゃんのインタビューが「Golden Skate」に載っていました→原文はこちら

グルジアと、9歳の時からのトレーニング地モスクワがあるロシアとの関係が悪化し、十分な練習ができずに今季の半分以上を棒にふってしまったのは知っていましたが、体調不良もあった模様がく〜(落胆した顔)
練習再開はヨロ選のわずか3週間前!東京ワールドでは、体が絞りきれておらず、SPのルッツの失敗+フリーのミスが響いて17位でしたが、慎重になり過ぎたのかしら、とご本人の弁。
6分間練習中にものすごい音を立ててフェンスに激突しちゃってたし、それも響いたのかしら。。。
FPのフラメンコファンタジー、とっても似合ってステキなプロでしたよ。
東京での声援はとっても大きかったし、往年の選手に例えるとウソワさんやクリロワさん系のエキゾチックな顔立ちは人気ですね。

来季への意欲は満々、振付にも興味があるみたいです^^
趣味はファッションと、ヒップホップとR&B。
パンツをデザインして自ら縫ったり、コスチュームのデザインもしているようです(サーシャ・コーエンのようだ)。
デザイナーにもなりたいな♪と。

好きなスケーターは、ペトレンコとクリスティ・ヤマグチで、今師事するズミエフスカヤコーチはペトレンコのコーチなので、時々ペトさんにもレッスンをみてもらっているようです^^。
最近ではイーラのジャンプ・しーちゃんのエレガントさにも憧れているようです。
エレジーちゃんはこの2選手の要素をバランスよく持っている子だと思うし、ペトレンコのように踊れる選手だから、本当に楽しみ!

一番の夢は、オリンピックチャンピオンになって祖国グルジアの子供達へスケートリンクをつくること!
エレジーちゃんの活躍でスケートを始める子供たちが増え、リンクはいつも込んでて十分な練習環境がない、と嘆いていました。
日本の環境と同じですね^^;
しーちゃんの金メダル効果で仙台のリンクが再開されたり、関西大・中京大に専用リンクが建設されたり徐々に整ってきましたが、今季沈んでしまったジュニア選手たちのためにももっと!ですよね〜。


posted by チェブ子 at 14:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

世界選手権観戦記〜番外編〜

今回の世界選手権でも、観客席に設けられた関係者席(2階南ブロックの一番入り口側)に選手・コーチらがたくさん来て白熱する試合を観戦していました。

プレオベール、ベルネル、織田くんらには人だかりが!
日本で人気爆発であろうベルネル、サインにも写真にも気前よく応じていて、遠目に彼は日本に来てヨカッタね〜と思いました。イケメンですしね。
織田くんは2日連続女子の観戦にきていましたが、彼女と一緒だったのかな?同年代の女の子と2人でしたww
ほとんど気づかれていなかった小塚君、プレオベールのFPを佐藤久美子先生と1階席で立ち見、アヒルみたいなコミカルなフリを真似していました。
来年の小塚君のプログラムはモロゾフだったりして(笑)
チェブ子はプレオベールと一緒に写真をとりました^^;
あと、ペシャラ&ブルザの2人も記念に一枚ぱちり。
同行者のSちゃんは、なんとザレツキー妹にサインをもらいました!会場で彼女が選手だということに気づいていた人はどれくらいいたのでしょう。。。
あとペシャラたちも、フランス代表ペシャラ組とどれほどの人がわかっていたのか・・・。
殿堂入りしたフランク・キャロル、麗しのマダム・リニチュクのお姿も拝見しました。
イタリア選手に奇声の大応援を送るカッペリーニちゃんはもちろん大変に目立っていましたよ(苦笑)。元々華あるし^^;
あと、ダーリンはトイレでズーリン、廊下でコストナーに遭遇したとのこと。コストナーに人だかり、ズーリンには・・・。
女子選手で一番足の長かったマルチノワも、滑走後に客席にきましたがすぐひっこんじゃった。土曜はチケット完売で座るところがなかったのか関係者席を間違えたのかしら。

男子SPの日、会場の外でジョニーのDVD発売キャンペーンの一環か、名刺サイズのジョニーの写真を配るオジチャンがいました。
記念にもらったので、我が家のPC前に飾ってあります。
そんなジョニー宛のかわいいバナーが↓
20070322154431.jpg
ロシア好きのジョニーにあわせてチェブちゃんです♪

posted by チェブ子 at 13:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

次世代争いはオモシロイ

トリノのメダリスト達が引退+休養で、世代交代感の強い世界選手権でしたが、女子の最終グループは全員10代・4位までは3-3を跳んだ選手だったので、ファンの方には申し訳ないけど村主さんが復帰しても入る余地はないだろうな、と思いました^^;
スケート大国だったロシアは、来年のワールドの男女シングルは1枠な上に全種目ですべて台落ち!切ないですね。。。

そんな中、一番面白かったのがダンスの若手組!
ODは触れましたが、放送のなかったフリーダンスもとっても見応えがありました!
若手の中でチェブ子の琴線に触れたのはこの3組です。

・カッペリーニ&ラノッテ(総合13位、ODの転倒がなければ・・・)
20歳と21歳のまだまだかわいらしいイタリアの2番手カップル。
華があって雰囲気作りが上手、伸びしろもあると思う。初出場でこの位置なら期待できそうですね。

・デービス&ホワイト(総合7位)
20歳と19歳のアメリカ3番手のはずが今大会で2番手に昇格しましたね。
昨年の世界ジュニア3位で、シニアデビューのワールド7位!
FDはドムシャバと同じ「ダッタン人の踊り」、彼等はさわやかでほほえましいダンスでした^^;
シンクロナイズドツイズルがお見事、ここも華のあるカップルです。
FDの技術点は51点で、なんと自国の同門下の先輩ベルアゴより上でした!

・バーチュー&モイア(総合6位)
17歳と19歳(!)のカナダ2番手、昨年の世界ジュニアを制し、同門のデービスらと一緒に今年シニアデビューで6位。
デンスタが引退する来年は、最終組に残りそうですね。
モエ君が本当に上手で、リフトも安定感抜群♪
キレイなワルツのFDは雰囲気も似合ってて、なんで放送がなかったのか恨めしいくらいです。
FDの全エレメンツでレベル4を貰ったのはテッサちゃん達だけ。しかも、技術点52.20は3位のデロションより上なんですよ!
同国カナダの1番手マリパトは雰囲気作りで点を稼ぐ印象が強いのですが、テッサちゃん達はこの年齢で技術で魅せれる上に雰囲気も作れる!!
クリポノ以来の、若い内から頭角を現す実力者って感じです^^。

この3組は、年齢的にバンクーバーどころか2014年の五輪でも十分活躍していそうなので、どう成長していくかが楽しみです。
どの組も伸びしろが十分という印象で、試合経験をどんどん積んで素敵なダンサーになって欲しいです!
ロシアのホフノビもここに絡んでくるだろうし、優勝争いには加わらないだろうけど、最終前組を盛り上げてくれそうなフランスのペシャラ組・イスラエルのザレツキーズも楽しみ♪



posted by チェブ子 at 16:24| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝★女子シングル

女子シングル、最後の最後でミキティが優勝!
真央ちゃんも怒涛の追い上げで見事な銀、日本勢のワンツーフィニッシュは見事でしたね^^。
最終グループでノーミスだったのはこの2人だけ、しかもSP・FP共にノーミスだったのはミキティイだけ!
トリノのどん底からよくぞ這い上がってきた、と思いました。
本当に立派です★

今日のジャッジは厳しかったのかな?
スケーティングのきれいな選手(マイヤー、ポイキヨ)には高得点が出て、転倒したり元々がさつな選手には厳しかったような気がしました。
どのグループも見応えのある、いい試合だったと思います(^0^)/

ゲテバニシビリちゃん、ステップの切れ・スピンの安定度は若手ピカイチでした!
ジャンプも、2-3(ファーストが回転不足でもセカンドにきっちり3回転をつける身体能力すごい)にしたり、ズミエフスカヤさんについて安定した練習環境さえ整えば、、、バンクーバーの本命にもなると思う!
あとイタリアの二番手マルケイもよかった♪
前日SPの最後の最後の尻餅がかわいかったですが(笑)、今日は丁寧に実力を発揮したと思います。
(イタリア応援団で奇声を発していたのは、アイスダンス二番手のアンナ・カッペリーニでした。。。)

スローな曲で滑ったポイキヨ姉さん、一歩一歩に無駄がなくすっと進むスケーティングは本当にすばらしかった!
前日のSPでガッツポーズの出たセベスチェン、相変わらず気持ちのいいリアルルッツで高い高い!
中野さんは緊張してたのか、いつもより小さくまとまっっちゃった感じでしたが、スパイラルは素敵でした。

転倒とパンクのあったコストナーの技術点は46点しかでなかったのは致し方ないかな、とも思いますが、エミリー・ヒューズは3分40秒でサルコー決めたし、もう少しでても良かったんじゃないかな?
マイスナーは回転不足気味のギリギリ降りでしたが、真央ちゃんの大歓声の後に集中したのはさすが世界チャンピオンの意地ですね。
慢心することなく、本当にトレーニング積んだんだろうな^^
金ちゃんは、中盤の2度の転倒以外は手の使い方もよかったし、ポーズの一つ一つが決まっていました。
さすがオーサー、いい指導してるんだなあ(笑)
真央ちゃんはキムちゃんに比べると細かいところがまだまだというか物足りないところもありますが、3Aも決まったし、あの重圧の中で立派です。
今日はとにかくミキティ!!!
スピードがいつもよりなかったけど、彼女はスピードがなくても軸が曲がっても筋力でジャンプが降りれるから、その点は安心してみることが出来ました。
スピンもステップもスケーティングそのものも、先シーズンにキャロルのところで積んだトレーニングの効果もあって本当にキレイになりましたね〜。
本当によくぞここまで・・・インタビューも大泣きで、こっちがもらい泣きしちゃいました。
コーチのモロゾフは、今年のミキの目標は、プログラムを簡単にして自信を取り戻すこと、と言っていましたが十二分に効果がありましたね!さすがだ。

4日間観戦して、本当にどの種目もフリーは見応えがある白熱した試合になって、世界選手権を堪能させてもらいました♪♪♪
20070323135718.jpg

posted by チェブ子 at 00:10| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

世界選手権 観戦レポ

昨日から夢の4日連続観戦♪のチェブ子です。
今日はいいお席で、放送席のすぐ目の前!クレーンカメラが邪魔という贅沢な悩みの席でした。
たぶんトレイシー・ウィルソン、カート、キャンデロロ、五十嵐さんらが見えました^^
試合中に放送席に来る選手やコーチの姿もちらほら。ワシリエフ様を発見し動揺(笑)、ワシ様ばかり目で追っちゃってその間の選手の演技覚えてません。。。

◆オリジナルダンス/気になる選手について一言^^;

・ザレツキー兄妹
2シーズン前と比べて大分伸びましたね。
若手選手は成長が早いので今後も楽しみです。
・デービス&ホワイト
幼いタンゴの印象でしたが、シンクロナイズドツイズルの速さは秀逸でした。すごく華があったし、今後の次世代争いが期待できそうです。
・バーチュー&モイア
彼等もジュニア上がりのシニア1年生。
華はデービス達に劣りましたが、存在感がありました。まだこの若さで貫禄が出せるのは本当に将来が期待できます。
・ホフロワ&ノビツキー
FDのようなODでしたが、柔軟性もあるしスピードもあるし、2人のスケーティングに伸びがあって、あと2・3年試合経験を積むといい感じでは?と思います。ロシアの次世代を担ってほしいですね。
・デンスタ
今日のODは彼らの日でした!
テーマにも2人の雰囲気があってるし、キレがありました^^。
・マリパト
キレイな大人のタンゴなんですが、さらっとし過ぎで正直印象に残らなかったです。。。
・ベルアゴ
今日はスピードがあってよく動いてましたが、タンゴにしては単調というかマリパトと同じでインパクトに欠けます。
・デロション
タンゴには一番似合う組だと思うんだけど、スピードもキレもなくて、やっぱイザベルの不調かな?もったいない。
・ドムシャバ
力強い系のタンゴでも、あまり出来が良くないのかあっさりしたベルアゴに劣る印象でした。FDの方が今季はいいな。

◆男子FP/同じく印象的な選手について

・ベルネル
今日一番輝いていた男子選手は間違いなく彼でした!
4-3を決め、単独4回転も決めてずーっと上り調子。スタンディングオベーションをうける、すごい攻めのオーラあふれる演技でした。
・ランビエール
彼もすごかった!世界チャンピオンの意地かな?気迫がすごかったし、最後の高速スピンはここ最近のランビの中でも本当に訴えかけてくるものがありました。
・ジュベール
ベルネルのスタオベと、直前のランビの凄みにかなり動揺してたのか、超緊張してていつもの良さがなかったかも。
表彰台で感極まって泣いちゃいました^^;
・大ちゃん
彼もすごいプレッシャーの中、頑張りましたよね。
後半あんなにバシバシジャンプを決めて、頼もしかったです。昨日よりもステップ・スピンの出来は良かったんじゃないかな♪
posted by チェブ子 at 23:05| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

フジテレビにウンザリ

フィギュアの世界選手権の放映が、長年のノウハウを持つかなりマトモなTBSからお祭りバカ騒ぎのフジテレビに移って3シーズン目。
こんなロクでもないニュース(→こちら)が目に留まりました。
本番前の一番集中したい選手を容赦なくカメラで追いまわし、あおるだけあおって肝心の演技ではどうしようもないアナのウザイ一人喋り。
誰もそんな番組みたくないです。
普通に、とにかく普通に試合をきちんと中継してくれればそれでいいのにバッド(下向き矢印)
posted by チェブ子 at 13:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

そろそろ・・・

来週の今日、20日の火曜日は、ダーリン給料日につきお小遣い更新日!だけじゃなく、世界選手権開幕でするんるん
水→土の4日連続観戦となるチェブ子と親友S嬢、長野以来5年ぶりの世界選手権にそわそわしております。周囲に何もないので、おやつは何にするとかね(爆)

気になる点をいくつか

■ジュベールのブレード靴貫通足負傷
欧州後のニュースでしたが、影響はどれくらい残っているのかな?
プルさんもいないので、ランビエール・ライサチェック・大ちゃん・ウィアー・ジェフ・サンデュ・殿らと熱い表彰台バトルを展開していって欲しいです。
勢いが続いていれば、ジュベールの初優勝なんだけどな。
彼の4回転を生で見るのは初めてかも?
新採点方式以降やーっと見れる男子の4回転争い♪楽しみです。
ロシア代表のセルゲイ・ヴォロノフ君のコーチとして、リレハンメル五輪金メダリストのアレクセイ・ウルマノフがきっと来日です。往年のファンの出待ちがいっぱいいたりして(笑)

■デロベルが足首負傷
せっかく欧州チャンピオンになったのに(>◇<)
試合には影響のない範囲だそうですが、心理的にね。。。
今季のアイスダンスは結構どの組も接戦だったので、これは惜しいケガだと思います。
ファンも多いデンスタが2連覇なのか、昨季自国開催でチャンスを逃したマリパトが初優勝なのか、はたまた新・欧州チャンプのデロションかロシアチャンプで勢いもあるドムシャバか。
ん?ベルアゴはあえて外しました。
だって、いい噂全然聞かないし、シーズンはじめのキャンベルで見ただけだけど、ODもイマイチだったんですもの。
あ、ダンスでは初テッサちゃん達も楽しみです^^v

■キムちゃん腰痛悪化?
ヘルニアで腰を痛めているGFP覇者のキムちゃん、治りきらない内に練習を再開して悪化してしまった模様。
時差もなく調整しやすい開催地なので、有利だっただろうに。。。
大したことないといいのですが。
女子の個人的予想ですか?
200点とか気持ちは金色発言の真央ちゃんが地の利も手伝って優勝、2位以下がミキティ・マイスナー・コストナー・キムちゃんの争いだと思っていて、希望としてはミキティに台に乗って自信をつけて欲しいです(銀でも銅でも、あっ優勝でもOKですよ)。
残る一人の希望は、本当に当日の出来次第だと思うのですが、うーんロシェットかエミリーで(爆)

posted by チェブ子 at 13:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

四大陸選手権も終って

四大陸選手権も終わり、あとは3月末の世界選手権を待つばかり。
昨日、無事にチケット発券もすみました^^
土曜の女子フリーは北ブロックだけど、あとの3日は南ブロック=正面席なので、安席だけど会場自体が大きくないから、いいんじゃない?と期待。

四大陸選手権、いろいろありましたね。
ダンスは新旧カップルのガチ対決が豪華でしたね!
早く放送が見たいです^^v
すぐりんのSP12位も驚きましたが、先シーズンからのケガが完治してないで無理を重ねてしまったのかしら?
元々技のバリエーションに乏しく、トップ選手が3+3をとぶ今の時代に、ジャンプ実質3種類でコンボも苦手、はあまりに悪条件かと。
実績も記録も申し分ないので、そろそろ引き際を・・・などと言うとファンの方からは怒号が聞こえてきそうですが。
彼女はアーティストな面に秀でていて、アイスショーが似合うなと生観戦するたびに思っていたので、余力を残して次の場で活躍して欲しいと一スケートファンとして思うのです。

四大陸選手権って、お金のかかるスポーツであるフィギュア選手が、少しでも多くの賞金を得られるように、って除欧州の四大陸を対象に始めた試合でしたよね。
クワンが世界トップを独走していた時期で、アメリカは2番手の選手の派遣大会で、「(欧州と同等の試合として設定しているのに)トップ選手が集らないのなら、四大陸は開催しない」とチンクワンタ会長が怒ってたような記憶が。。。
International Skatingの購読をしていた時期なので、2000年頃の話ですが。
いまや全米チャンプが全カテゴリーに出場するまでになって、試合としてのステータスもあがったんですね〜。
posted by チェブ子 at 14:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

祝★イザベル&オリビエ

ヨーロッパ選手権も3競技が終わり、残るは女子FPのみ。

ダンスではの結果でました→コチラ
デロベル&ショーンフェルダーが優勝!
FDは2位だったけど僅差で逃げ切って初優勝、嬉しいですvv
ワールドの台も見えてきましたね!?
2位はFDでトップになたドムシャバ。
今季の勢い・FDに関して、ドムシャバ>デロションだと思っていたのでFDで抜いたのは納得(今季のGPSでは負けてないしね)。
3位はどうしちゃったの?デンスタ。
トリノで5位だったもののワールドでは優勝2組抜いてしたので、ワールドに調子を上げてくるとは思うんですが・・・。
デロションとドムシャバが0.31点差なのに、デンスタは2組に5点以上の差をつけられてしまいました。

女子はSPが終わりました→コチラ
今季好調のマイヤーが首位で、GPSは怪我で欠場していたコストナーが2位。
この二人が0.03点という僅差で、FPで優勝争いを繰広げそう。
3位はグルジアのエレジーちゃんことゲテバニシビリ。
上2人と6点近く差がついているので、台乗り狙いかな?
たとえお決まりのコストナーの自爆があっても優勝は・・・^^;
4・5位はここもまた0.03点差でセベスチェン・コルピが並んでいます。
ソコロワは48.85点で8位。。。
ディダクションはないけどよっぽどミスが出たのかなあ(泣)
しかし・・・。
女子は日本・アメリカ勢が今強いとはいえ、首位のマイヤーですら60.49って。。。
posted by チェブ子 at 10:09| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

ヨロ選/男子SP

男子SPの結果が出ました→コチラ

誰もが鉄璧だと信じていたであろうジュベールがまさかの2位で、なんとチェコのヘタレイケメン・ベルナーが驚愕のトップ(笑)
ジュベはTESが37.82で、1位の41.14と3.32点差。
4回転の着氷でかなりミスって^^;コンボなしの減点をくらった模様。
それに、動画なのでイマイチ分りづらいのですが、動きに切れがないというか、好調ではないのでは?という印象でした。
*ジュベールのSPは→コチラ
3位はベテランのダビドフ、彼は何年アマ選手をやっているのだろうか・・・。
4位がベルギーのケビン・ヴァン・デル・ペレン(言いにくいし打ちにくい)
GPファイナルに出た鼻のでかいプレオベールは6位と後退(?)

PCSで7点台を出したのはジュベールとベルナー。
あとの方は6点台でした。。。
面子にスケーティングに秀でている人が見当たらないとはいえ、辛口採点?
早く演技が見たいです^^;

ペアの結果も出ました→コチラ
サフチェンコ達がぶっちぎりで優勝、PCSも8点台を並べました。
ペトティホは2位、1位とTESで10点以上差がつきました(泣)
ポジションとかとってもきれいなのに、現行ルールじゃ評価されないんですよねえ、本当に残念です。。。
3位は地元の大ベテランシュデク。
確かユーロが地元開催だから今季まで現役続行する、んじゃなかったっけ?
いずれにせよよかったね〜。
しかしPCS、SSの7点ジャスト以外は6点台。。。
どうなのよ、それって?
posted by チェブ子 at 11:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

ヨロ選CD

欧州選手権がポーランドはワルシャワにて開催されています。
早いものでトリノからまる1年を迎えようとしていますが、各カテゴリーで波乱?世代交代が進みつつあるようです。

CD−Golden Waltz →詳細結果はこちら
1 デロション
2 ドムシャバ
3 デンスタ
4 フェレイラー(トリノで先輩に倣って転んだイタリア組)
5 ホフノビ
6 カー姉弟
7 ホフマン(なかなか上に来れない04年ジュニア銀メダリスト)

昨季までの上位陣がごっそり抜けたとはいえ、デロションCDトップは想定外の嬉しさ。一昨年のヨロ選CDもゴールデンワルツで、解説の藤森さんに褒められていた記憶があるので、得意なのかな^^。
ODは未見ですが、FDはプログラム的にイマイチだったので(ジュベールみたいなサイボークっぽくて、デロベルさんのたくましさが浮き彫りに・・・)、どうなるかしら?
彼らはやっぱ、2005年のフリーダ@ワールドが最高でした!
ドムシャバは今季急成長しましたね。PCSでもINはトップの7.75。
同じくODは未見ですが、FDは多少荒っぽさがあるものの勢いがあったし、躍動感にあふれ本人たちの気迫も伝わってくるいいプロでした。
昨年のワルツ、じっくりみると上手だけど華がないな〜と思っていたので、いい方向にもってきたのでは?
デンスタはなぜこの面子で3位・・・。
ODのリベルタンゴは味のあるプロだけどGPSで減点取られてたし、FDは個人的に昨年の方が好きだけど(2004年のヘンデルはもっと好き)、でもやっぱ技術的にトップのプログラムだなあ、と思うので頑張って欲しいな。
でも、デロション優勝も夢だし、どうする(笑)?

ペアSPは→こちら
サフチェンコ達がトップ、体調が不安視されているペトロワさん2位!
頑張れ〜♪そしてかつて売られた日本で再び台に乗ってくれ〜。
大ベテランシュデクが3位、地元だし台にのりたいでしょうね^^;
体調どころかカップリング自体が不安視されつつあるオベスラが4位。
とはいえ、この面子の中では喜んではいられません。
ヨロ選のペアでこんなに面子がショボイ日が来るとは(大泣)
ワールドも、四大陸勢が参加したところでソルトレイク頃のレベルにも遠く及ばないし・・・。昨季まではトトマリが成長して唯一見ていられるカップルでしたが、アマ復帰説は(やはり)ないみたいだし。
本当にペアは不毛は日照りの時期みたいですもうやだ〜(悲しい顔)
posted by チェブ子 at 10:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

オフアイスカップル

年末の全日本は見応えがありましたが、我が家は現在ネットがつながらないので更新が出来ず・・・。
昨日長野で開催されたジャパン・スーパーチャレンジはテレビ観戦しましたが、なかなかおもしろかったですね^^。
真央ちゃんの、エアロを抱いての「オズの魔法使い」。
エアロはおとなしい犬だなあ、と感心。ちょっと挙動ってましたよね。
ゲストのプルさんはトリノのエキシビを彷彿とさせましたし、しーちゃんのショー版トゥーランドットはどうしても試合版と比較しちゃうのですが(汗)、貫禄あってよかったかな、と。
貫禄といえば・・・スルツカヤ(泣)!
一瞬アニシナ姐さんが出てきたのかと思っちゃいましたが、「ジプシー」はかのベスブーのナンバーで、同じくらいの貫禄と存在感がありましたね。。。
ちょっと・・・複雑です。

前書が長くなりましたが、ちょっとしたニュースをひとつ。
中国の雪組ペアが3月のワールド後に結婚→バンクーバーまで現役続行、とのこと。
やっぱオフアイスカップルだったんだ〜、とにやり。
ニュースは→こちらで♪
年齢的に大丈夫?と心配されますが、カナダのマリパトもダンスとはいえ現役続行・ミニバン達も頑張っているし、トトマリ復帰の噂も。
トリノのベテラン勢は頑張ってますね〜。
posted by チェブ子 at 16:14| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

チケット確保♪

来年の世界選手権のチケット、確保できました!
今年は会場のキャパも狭いし、真央ちゃんら効果でフィギュアブームだし、チケット確保は難しいのでは?との危惧から、先行予約(抽選)を申し込みました。
仕事の都合もあるので、さすがに初日から全日程はいけませんが、春分の日の21(水)〜24(土)までの4日間、無事確保ですぴかぴか(新しい)
さすがに4日分はダメかなあ、と思っていたので嬉しい悲鳴。
これで安心して年が越せますね(笑)
一番のクリスマスプレゼントになりましたるんるん

ワールド関連として、サーシャ全米欠場のニュースが→コチラ
「世界選手権代表に事実上内定している浅田真央(16)=愛知・中京大中京高=にとっては“朗報”だ。コーエンはSP、フリーの世界最高得点保持者。出場すれば、さきのNHK杯で合計点の世界最高記録を樹立した浅田の1番のライバルになっていただけに、強敵が1人減った格好だ。」
とありますが、先日までの世界記録保持者はスルツカヤでしょう(怒)
2005年のロシア杯でだした198.06です!
サーシャが2003年のカナダ大会でだした197.60が、イーラが更新する前までの最高記録でしたけどね。
真央ちゃんは199.52。
採点の基準と言うか傾向が流動的なので(昨年までは減点式、今年はもりもり加点式)、一概に最高記録だからベスト、とは言えないんですけどね^^;

【追記】
国内選手権のスコアも入れると、サーシャの昨年の全米199.18が最高ですね。
失礼しました。。。
posted by チェブ子 at 10:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

ファイナルエキシビ〜笑

フリーのレポをあげていないのに(ご飯作りながらの流し見で見返していないというのもありますが)、昨日のエキシビの感想をば。
かなり毒なので、お気を悪くなさらぬよう(笑)

民放というかテレ朝、どうしてそういつもムダな時間ばかり割くのか?
ヒルズからの中継、強風だし寒そうだし髪もぐしゃだし、せっかくタラソワさんのような毛皮でゴージャスにドレスアップしたしーちゃんも涙目。
そして修造はウザすぎ。
真央ちゃんとSP・FPを振り返る、もおもしろいけどちょっと酷な気もします。
みどりさんと佐野さんの解説、お茶の間の座談会を聞いているような雰囲気。
某局のお塩みたく訳わからないアナがのさばるより100倍マシですが。

肝心の演技ですが、あろうことか放送をついうっかり失念しており、20時過ぎのマリパトから見ました。
この二人は彼ららしい演技でしたよね、チェブ子さん的にはイマイチ響いてこないのですが(毒)
印象的だった選手たちをあげると、
・デンスタ
デンコワさんの衣装がきらびやか。相変わらずスタビはデンコワさんの周りをくるくる〜、まるで花の周りを飛び交う蜂byダーリン
・ジュベール
この人はもう、なんでこんなに微妙なんだ(笑)!
振り付けというか動作がカクカクしていて「サイボーグ」とテレ朝に言われちゃうのも分るような^^;
せっかくイケメンなのに。。。
そして髪はあんなに短くしない方がカッコイイと思います(個人的好み)
・雪組
「シンセツ チョウコウハク」のテロップに噴出しました、私。
何もあんなふうに変えないでもよかったんじゃないか(苦笑)?
雪さんがちょっと太ったかな、そんな印象をうけました。
8年前の長野五輪に比べると洗練されましたよね。中国ほかペアはまだ相変わらず技がキタナイのに点の荒稼ぎをするのが見ていて不快だど、彼らはOKです。

posted by チェブ子 at 12:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

衝撃のGPファイナル その1

週末にロシアで開催されたグランプリシリーズ・ファイナル。
SPまでは予想通りと言うかFPが楽しみな雰囲気だったのに、、、FPではかなり衝撃の展開となりました。
チェブ子邸はBS加入していないので地上波放送の男女シングルしか見れなかったので、その感想をあげたいと思います。

【男子】
ウィアー
翌日のFPはケガで棄権してしまったそうですが、SPのアクセルとんで観客にアピ〜ル!な時にひっかかってすっ転んだのは、悪いけれど笑わせていただきましたよ(笑)またアニシナ姐さんに怒られたのでは???
織田くん
めずらしく、ジャンプミスが続いた織田くん。
アクセルで着氷の時、エッジが氷の上をきれいに滑ってしまったな、という印象があります。彼の飛距離のあるジャンプは好きなのに・・・残念。
大ちゃん
今日はなかなかよかった大ちゃん。
ウィアーよりアクセルがキレイでしたね。ステップも本当にうまいです。
ジュベール
今年も?な007のジュベール。
今日は本調子ではないのかしら?3月のワールドと比較して体に切れがなかったように感じられましたが、でも唯一の4回転ジャンパーとしてSPから入れてくれるのは嬉しいです。やっぱ男子は力強い選手が好きなチェブ子さん。

【女子】
マイヤー
スピンはもちろんきれいですが(苦笑)、スパイラルのひとつひとつのポジションも美しかったです。彼女は安定感が出てきていい感じです。
村主さん
2フリップが残念ですが、このメイクも雰囲気作りもさすが!でした。
高速スピンでしめるんじゃなくて、ステップでしめるのが意外性があって○
セベスチェン
相変わらずジャンプが豪快なのに、やはりセベスチェンはセベスチェンだった。。。
プログラムがちょっとスカな印象を受けるんですよね。
キムちゃん
スピードがあったし、昨シーズンからの滑り込んできたプロなだけあって手の先まで行き届いたいい演技でした!
真央ちゃん
キムちゃん以上のスピードがありましたね。
ジャンプも軽くて真央ちゃんらしかったのですが、キムちゃんとくらべると空いている方の片手がだらんとしていたり、もうちょっと神経が・・・と思いました^^;
ミキティ
表情もよかったし、何より自信にみちて気迫のあるSPでした。
これくらいメリハリがある曲でがんがん攻めるスタイルが合っているんでしょうね。昨年は何だかんだ言われていましたが、でもジャンプ以外の基礎部分はぐーんと伸びたと思っているので、去年があって今年につながるミキティだと思います。

FPはその2であげます♪



posted by チェブ子 at 15:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

東京ワールド

ちょっと気が早いけど、来年3月開催の世界選手権について。
公式サイトもできているようで(コチラ)、1月にはチケット販売とのこと。

3/20〜25までの開催で、日程はこんな感じ。
20 CD/ペアSP
21 男子SP/ペアFP
22 OD/男子FP
23 女子SP/FD(ダンスをはさんで女子SPは二部制)
24 女子FP/男子・ペア・ダンスEX(またも女子FPは二部制)
25 EX 

チケットのお値段/競技
 20日   21〜24日  25日
RS ¥8,000 ¥17,000 ¥20,000
S ¥5,000 ¥14,000 ¥17,000
A ¥3,000 ¥10,000 ¥12,000
B ¥2,000 ¥7,000 ¥9,000
チケットのお値段/公式練習
3/18(日)19(月) 各日¥3,000
3/20 (火)〜24(土)各日¥1,000

今回は会場も狭いので争奪戦は厳しいものがありそう・・・。
女子FPの間に予定されているEXが?ですが、土曜のチケットバカ売れしそうですね。日曜のEXは・・・女子以外は2回EXがあるのかしら?
有給とって、ぜひ観戦に行きたいものです。

上記世界選手権代表争いになるのが、今月末の全日本。
今のところ、女子はファイナル出場の3名、男子は大ちゃん・殿でかたいと思われますが、ヤフーでゆきなちゃんの記事をみつけました→こっち
あせらずじっくり、納得できるように復帰していってほしいです。
記事中のアメリカダンス元女王って、ブルンバーグさんでしたよね。
彼女の解説(80年代後半)は優しくって技術的な観点からきちっと答えていて好感が持てますvv

posted by チェブ子 at 11:34| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

イーラ引退説否定

スルツカヤの引退説はガセだったことが判明しました^^;
今季は休息して、来季は健康状態を見極めて、ということだそうです。
来年はフィンランドだっけ?北欧でワールド開催なので、モスクワからも遠征しやすいし、というところかしら。
彼女の氷上での姿をまた見る希望はできたのね〜★

イーラの引退否定ニュースは→こちらのブログから
イーラのブログでとってもかわいいです♪

posted by チェブ子 at 09:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

お疲れ様、イーラ

スルツカヤがとうとう引退表明をしました→コチラ
寂しいけれど、長い間本当にお疲れ様&ありがとう、の気持ちでいっぱいです。
シニアデビューした頃の、豪快なスケーティングは衝撃でした。
気持ちにずれができて思うような結果がだせず代表落ちの辛酸をなめ、その後の復活→ソルトレイクまでの躍進は素晴らしかったです。
01-02頃が最盛期でしたよね。。。
背負った家族や自身の病気、それを乗り越えての再復活。
モスクワでのあの渾身の演技を超える滑走者は、そう現れないでしょう。
昨季はオープン戦とファイナルで2回も生観戦できたので、競技者としての姿はまだ鮮明に焼きついております^^。

posted by チェブ子 at 12:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スケカナTV観戦記

1日遅れでテレビ観戦したFPの雑感を。

・ウィアー
マキシム・ロドリゲス作曲のオリジナル「ナザレの子」
長野五輪のアベルブフさんよりキリストっぽいウィアー。
衣装も憂えた表情も、上半身の動きもすごく彼に似合ってたと思います。
アニシナ姐さんセンスあるよ〜、と思ったチェブ子さん。

・村主さん
髪型も衣装もセンスあったし、出来もまずまずだったのでは?
トリプルが3種類しか入らないのは確かにちょっと・・・ですが、復調したらエッジ系1種類は加えてくるだろうし、完成版が楽しみです。
無理して柔軟系のスピンやるより、得意の高速で盛り上げた方がやっぱりステキ。
曲も似合ってたと思いますよ^^

・キムちゃん
出だしは好調だったのに、、、勿体ない(><)
曲が単調すぎて、メリハリなくて退屈してしまうかも。
真央ちゃんと同じで、まだ淡々と滑っているような印象。
スピードもあるしソツないしうまいんですが、オーラがない。
14歳のタラ・リピンスキーにはありました。
15歳のバイウルとクワンにもありました。。。
ただ、ジュニア時期のマイスナーも同印象だったので、今後に期待。

・ロシェット
彼女は、ハーディングをより滑らかにした感じのスケーターですよね。
ジャンプの安定感も力強さもあって。
クリスティのマラゲーニャを髣髴とさせるFPでしたが、こういう盛り上がる曲はやはり見ていて楽しいです。
彼女は2004年から見ていますが、本当に年々良くなってきている選手です。
老け顔ですが(失礼)まだまだ若いのに、解説で「すっかりベテラン」とか言われちゃって何だか気の毒でした。

・ポイキヨ
昨季の「けばいポイキヨ」から、2シーズン前の絶好調の頃の「きれいなポイキヨ」に戻っていました^^;
といっても調子はいまひとつ?ジャンプミスが目立ちました。
あと、2シーズン滑り込んだプロと見比べるからかもしれませんが、まだまだこなれていないのと、つなぎが単調にみえました。
ポイキヨのよさがあまり引き立たないプロかも、という懸念。
せっかくのエッジワークも生かされていなかったし。。。
posted by チェブ子 at 11:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

お似合いだなあ★

キャンベルの記事をあさっていたら、「タニスとエヴァンが婚約」なる記事を発見。
私、全然知らなくて・・・本当にびっくり!
でも超美男美女でお似合いのカップルですよね^^。
(ズエバさんの息子説は消えたのね。武史→ヒョードル→エヴァンとは、面食い化?)

元ブログは→こちらです♪
posted by チェブ子 at 15:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。