2005年12月19日

ファイナル観戦記−フリーその1

土曜のフリーについてのれぽです。
滑走順に、なるべくさくさくあげていきます^^;
SPでちゃんと名前を出したので(?)、今回は通称で表記させていただきます。
この日はいろいろあって毒舌絶好調で、一緒にいった初心者ダーリン引いてました。
そして何度かこづかれたり。
でもね、それくらいチェブ子的にショックな1日だったのよ(><)


☆まずはダンス

・デロション
きゃー、やっぱり彼らの今シーズンのフリーはよいわぁ。
あの手袋仮面も素敵素敵〜♪
リフトの安定度も一番、ステップもツイズルもスピンも、2人ががっちり組んで難しいことをどしどしやってくれます。
ちょこっとだけプログラムかえてました。
今日はスピードと気迫がすごくて、本当に魅せられました。
1番滑走だったのであまり点が伸びずに残念。

・ドムシャバ
オーソドックスなつくりの、最近ではめずらしいダンスらしいダンス。
彼らもODよりスピードがあり、軽やかさが際立っていました。
今まであまり注目してなかったカップルですが、
彼らはライブで良さが分る人たちです。

・チャイサフ
ダンスでボレロ、昔ナフカもやってたし、TDのもそんなに好きじゃないけど、
曲に負けちゃっているような感じがします。
構成もTDを真似したんだろうな、と思うところが多かったです。
ボレロじゃなければもっとおもしろく見られるのに、もったいない。

・マリパト
オフアイスカップルだし、雰囲気があって、リフトも大きくてよいのですが、
チャイサフとは逆で曲に助けられています。
難しくないことでも、素敵な空気に包まれて印象アップ。

・グルゴン
やっぱり手抜きだよ、モロゾフ!
97年のグリプラのアラビアンそのまんまやん!
でも、密度の濃さはもっと評価されていいと思います。TES低かったもの。
(どうでもいいけど、ゴンチャロフとモロゾフって、2人ともチョコ関係?笑
チョコレート工場と呼んであげよう。チャーリーは誰?)

・ナフコス
このカルメン、イマイチよく分らないんだよな・・・。
コスがマタドールでナフカが牛らしいんだけど、ナフカが牛って失礼では?
あれ?コスが牛説も^^;派手な牛やなあ。
ナフカの横ポニーテール薔薇付、かわいい!
スケーティングそのものは上手いからPCSがあがるのは分るんですが、
ステップやスピンは、デロション・グルゴン・(本来の)デンスタと大分差があると思う。
それでも華があって映えるから、やっぱこの中ではチャンプなんだよなあ。。。
後半の、コス台形イーグルのリンクを横切るリフト、蜘蛛みたい(笑)

<まとめ>
ダンスでは、デロション下げ・マリパト上げが目立ちました。
ミュリエリさん、売った?
個人的には、
ナフコス→グルゴン→チャイサフ→マリパト→デロション→ドムシャバ
だと思いました。

でも、これくらいのグレー採点は良くあることなので、まあ納得です。


★次は男子

・サンデュ
今日こそは…と皆思っていたはず。
なのに、最初の4-2コンボが2-2になり3Aも抜けてしまいました。
SPよりは失速も抑えられ、持ち直したんですが、残念。
「逆転のサンデュ」はどこへいったのでしょうか?
彼は調子の波が激しすぎて、メダルに絡んでくるのか当日にならないと本当に分らない。
岡田あーみんの「こいつら〜」にでてくる、発禁スレスーレさんに似てるよね^^;

・織田くん
ウォームアップ中、ずっと3Aが決まらなくて大丈夫かな?と心配してたら…やはり。
その後は気持ちを切り替えて、コンボジャンプを増やしたりしたんだけど、
3Aが決まらず、3連続も最後シングルになっちゃて、スピンもイマイチかな。
全体的にぱっとしませんでした。

・大ちゃん
4回転こそ転んじゃったけど、他のジャンプは何とかきちんと決め、気迫を感じました。
ラストのステップでは疲れちゃったのか、いつもより出来は悪かったけど、納得の3位。
ランビやジェフと比べて、オーラがある選手だと思う。

・ジェフ
エッジの留め金が緩んでしめ直すアクシデントに見舞われてしまい、
そのせいなのか冴えません。
4回転に挑むもNG。スケーティングはがいい選手なんだけど今日は…。
本人も終わった後「何だ、今日のできは?」みたいな表情でした。

・ランビエール
ウォームオップ中、どんどんジャンプの確率が下がっていって心配してましたが、
やはり3A、ジャッジの目の前ですってーん。
4-3は何とか決め(手をついたっけ?テレビ確認してないので記憶があいまい)、
その後は何とか立て直してきました。
さすがカレントワールドチャンピオン!

<まとめ>
男子の結果に異存はございません。
五輪では、全選手自爆せずにいってほしいのものです。


♪♪番外編♪♪
フリーが終わって選手たちも精神的に余裕が出来たのか、
SPより観戦にくる関係者が多かったです。
ジェフとサンデュはおそろいの赤いキャップを被ってました。目立ってるよ。


posted by チェブ子 at 15:50| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーラへのプレゼント

今回、8年ぶりにリンクへのプレゼント投げ込みをしました。
前回は、長野五輪前のNHK杯。
閉店セールの長崎屋長野店にて100円のハスキー犬を購入。
当時イリヤファンだったので、彼に投げたなあ(しみじみ)

んで、今回は趣味に「soft toys」と書いちゃうスルツカヤへ。
30センチ弱という大きめのぶたさん、奮発しました。
初日の方が人少ないから、と思ってがんばって投げたのですが、届かず^^;
報道の人に投げなおしてもらいました。
ちゃんとお手紙つき。
無事に届いた模様で、キスクラで彼女の向かって右側に転がってました。

20051216_0232_000.jpg

Dear Irina
Your skating always makes us happy.
We believe your great success in Torino,
we also hope your happy days both on and off the ice.
Irina, you are the best !!!
posted by チェブ子 at 01:57| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

ファイナル観戦記−SP

金曜・土曜と、ファイナルの観戦に行ってきました。
忘れないうちに、初日のれぽをあげたいと思います。

金曜の16時30分〜で、人はまばら。
オープニングセレモニーでは、オペラ歌手の男性の「君が代」アカペラ。
チンクワンタ会長のスピーチ、くらいで15分くらいで終了。
その後すぐ、ODが始まりました。
(以降、滑走順にさくさくあげていきたいと思います)

オリジナルダンス
・ドムニナ&シャバリン
スピードがなく、2人の動きがずれたり、硬さが感じられました。
華やかさにかけるけど、これからの組だと思うので、今回はファイナル進出おめでとう^^。

・チャイト&サフノフスキー
スピードがあって、サフ君のうまさが光ってました。
プログラム自体はかつてのグリプラのつぎはぎのような・・・。
コーチのプラトフがきっと、グリシュクのイメージで作っちゃってて、
それをこなしきれずにチャイトが遅れているような。
でも、サフ君のリードがうまいから、チャイトも全力で踊れてるんだろうなあ。

・デロベル&ショーンフェルダー
転倒でまさかの最下位!これは予想外(><)
彼らの今季のODはいまいちだし、オリビエ君の衣装はマッチみたいだし、
最下位自体はしょうがないけど、48点はないでしょう。
リンク端のみぞにひっかったみたいで「HONDA」の広告前で転倒、武史の呪いか?
オリビエ君にひきずられるようにイザベルも転倒・・・。
翌日、平手打ち食らってないか?と心配しちゃいました。

・デュブレイユ&ローゾン
雰囲気はあるけど、プログラム密度は・・・?と思うカップルです。
チャイサフの方が出来がよかったと思うので、彼らの順位はちょっと不満。

・グルシナ&ゴンチャロフ
スピードがなくて、ちょっとはらはらしながら見てました。
でも、ステップや構成、密度はピカイチ!
さすがベテラン。お衣装がけっこう派手ですのね。

・ナフカ&コストマロフ
スピードがあって、長身の2人だから動きも大きく、見栄えがするので得してるよなー。
そつなくこなして当然トップ。
ツイズルもスピンも、ナフカ単独だと安定しててうまいけど、コスがなあ・・・。

男子
・ランビエール
4-3のコンボを決め、3Aもおりた!やった!
得意のスピンで場内を魅了し、80点というハイスコアをたたき出してトップに。
彼のステップワークはジェフ君や大ちゃんに劣るけど、今日はジャンプが○でした。

・織田くん
3ルッツのステップアウトがもったいなかった。
やっぱちょっと緊張してたのかな?いつものコミカルさがもう少しほしいところ。

・大ちゃん
心配してたけど、ちゃんとやってくれました!
ジャンプも、スピンもステップも、彼のよさが伝わってきました。
大ちゃんの意図する「男の色気」伝わってきましたvv

・バトル
かれも良い出来。曲がとっても似合ってます。
コンビは3-3だったけど、ランビエールとの差はここだけだと思います。

・サンデュ
心配していたことが彼には起こりました。そう、「大自爆」です。
コンボジャンプは×で、3Aも抜け、3ルッツは決まったけど、やる気をなくしたのか、
後半はスピードもなくなり、観客からは暖かい励ましの拍手が。

ペア イマイチ新採点がわからないのですが。。。
・パン&トン
今日の出来は悪いですね〜。
力技はともかく、ペアスピン等のユニゾンがだめだめ。
スケーティングが良くないから、ちょっと調子を崩すとごまかしが効かないのかな。
曲はいいし、雰囲気もあるんだけど、

・オベルタス&スラフノフ
リフトのランディングの伸びとかキレイで好感が持てるのですが、まだ粗いかしら。
オベルタスの伸びしろはまだまだあると思うので、今後に期待します。

・サフチェンコ&ショルコビー
スピードスケート?と思わせるような全身タイツの衣装。
技もスケーティングも、すごくきっちりしてて、安心して見ていられる感じの組。
華がもう少しほしいかな・・・。

・ペトロワ&ティホノフ
哀愁漂うこの曲の雰囲気が、かれらに合っていたと思います。
確かノーミスで、技が決まるごとに会場から大きな拍手をもらってました。
ソロスピンで多少ずれてもすぐ修正ができたり、基礎力が違うんだなあ、と感心。
納得の2位。

・ジャン&ジャン
うーん、パン&トンよりはうまいけど、ちょっと。。。
(ごめんなさい、あまり覚えてないんです。ただ、順位に納得した覚えがあるので、
調子悪かったんだと思います)

・トットミアニナ&マリニン
生で見ると、スピードはあるし正確だし、さすがおロシアの伝統ペア。
snow stormの曲想と、衣装・振り付けの調和がとれていました。
これはプログラムが素敵!
リフトは、入り方・下ろし方も非常にオーソドックスだけど、本当にキレイ。
キス&クライで得点を待つ時、場内アナウンスの人が「トットミアニナ」と読めなくて
何度かかんじゃうのを聞いて、恥ずかしそうに笑うトトさんがかわいかった^^;

女子
・ミキティ
がちがちに緊張してて、ロシアカップの伸びやかさがなかったです
NHK杯よりはいいけど、本人も滑り終わって「やっちゃった」みたいな表情でした。

・ソコロワ
今日はスピードがなく、すべりの滑らかさに欠けたような気がします。
もっと元気な曲のほうが似合うのでは?でもミキティより下はちょっと納得できない…。

・中野さん
この日、女子で一番輝いていたのは彼女だと思います。
ジャンプ構成的に巻足が目立っちゃったけど、スピードもあったしスピンも速かったし、
何より全身でのびのび表現してました。
ミキティより低い点数に会場「え〜!?」のブーイング。そりゃそうだ。

・シズニー
サーシャとクワンを足して2で割ったような感じの選手。
初めてのファイナルで緊張したのか、サンデュに倣って自爆。。。

・真央ちゃん
出来はいいんですけど、点数出すぎ!
TESもちょっと・・・だけど、PCSはありえないでしょ!!

・スルツカヤ
3フリップが2になったし、スパイラルもいつもよりがりがりしてたし、
ステップもスピンも、本調子ではなかったけど、あの点は低すぎる!
彼女も戻る時に「何なの!?」という表情+ジェスチャーでお怒りが・・・。

スルツカヤの得点が出た後に、「ジャッジのバカヤロー!」と叫んだ方もいましたが、
チェブ子も今回のジャッジには甚だ疑問であります。
出来レースでしょ、みたいなさー。


☆番外編☆
リンクの西側のスロープ部分でウォーミングアップをする選手がたくさんいました。
ずーっと腕をぐるぐるまわすサフチェンコや、黙々と走るペトロワ。
リフトの練習をしていたトトマリはファンサービスなのか、
SPに入ってないリフトもいっぱい見せてくれて、人だかりが出来てました。
必ずトトさんの横にはワシ様が。ワシ様は立っているだけで絵になるお方。

西アリーナが、今回は報道席と関係者席になっていて、
競技を終えた選手やコーチらがしょっちゅう出入りしていました。
樋口さんとキャロルコーチが一緒に男子を観戦していたり。
ズーリンとプラトフが微妙な距離を保って座ってたり(仲悪いのかなあ?)。
コスはドムニナと親しげに話してて、ナフカは比較的長く他競技を観戦してました。
デロベルはコーチと一緒に観戦、ショーンフェルダー君は離れて座ってました。

今日は場内でブレーズの最新号を買いました。
フォンタナが表紙の、五輪プレビュー号。
ブレーズ恒例の来年のカレンダーがついてて、クリポノも使われていたの!
買ってよかった〜☆





posted by チェブ子 at 03:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

クワン様

とうとうクワンが現われました。
先週のアメリカのお遊びマーシャル大会で、今季SPを初披露。
ケガだっていつものGPSスキップの理由付けでしょ、と皆思っていたはず…。
が!
本当にケガしていたそうな。まるで狼少年のよう。
あまりの調子の悪さに「大丈夫か?」と多くのファンが心配しているみたいです。

全盛期はとうに過ぎたけれど、ワールド制覇5回ぴかぴか(新しい)はすごいし、
おごらず手を抜かず、のスタンスはアスリートの鑑だと思ってました。
ええ、2003年のフリーなんて大好きナンバーでした。
サロメもいいけど、クワンオーラ全快の↑の方がお好み。
近年はイマイチですが、でも昨年のSPスパルタカスは好きでした。
トスカとボレロは…失笑モノでは?

・・・。
今年は振付にタラソワ女史を迎えて夏の特訓(打倒荒川?)、
SPはなんとイーラと同じリストの死の舞踏byマキシム(打倒イーラ?)。
なんかなー。
夏に、イーラとクワンのSPが同じ曲になってイーラが変更したっていう噂があって、
「デビルクワンがプーアイリーナから曲を奪ったのね!」
と海外掲示板で言われてたけど、何だ、ガチかいな。
こうなったら、クワンもイーラに見劣りしない位のハイレベルの勝負をして下さい。
五輪は波乱があったほうが面白いですから台風

チェブ子がイーラ派なのを差引いても、今年はイーラ優勢ですよねえ。
中国杯のときに「クワンにあいたかったわー」なんてコメント出したイーラですから、
余裕ですよー。
あ、でも2人はプライベートでは仲良しですって演劇
モスクワワールドで自国開催のプレッシャーの大きさに驚いたイーラがクワンに
「(3回の大きな国際試合を自国開催で闘った)あなたってすごいのね」
と声をかけたそうですよ。
posted by チェブ子 at 15:54| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

ファイナルの面子 その2

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051213-00000070-kyodo-spo
ジュベールも欠場、プルも欠場。
嫌われています日本開催のファイナル。
下記はヤフーニュース速報のコピー、天下の共同通信からですが、
ジュベールは05-06のヨロ選チャンプ内定ですか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
プルシェンコら出場せず フィギュアGPファイナル

 国際スケート連盟(ISU)は12日、
フィギュアのグランプリ(GP)シリーズ上位6人による
GPファイナル(16、17日・国立代々木競技場)の男子で
3度世界選手権優勝のエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、
欧州選手権を2度制したブライアン・ジュベール(フランス) ←下線管理人
が出場しないと発表した。
 ジュベールはエバン・ライザチェク(米国)が腰痛で欠場したため、
繰り上がりで出場権を得たが、フランス選手権で転倒し、背中を痛めた。
次いで優先権のあったプルシェンコの欠場理由をISUは説明していない。
(AP=共同)     (共同通信) - 12月13日11時59分更新
posted by チェブ子 at 14:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

ファイナルに向けて・・・ その2

ここにきて、ジュベールも欠場という噂がでてきました。
そうなると、次点は坊ちゃん→ワカメ(ウィアー:ファンの方ごめんなさい。私には海草にしかみえないのです)ですが、このお二人もわざわざ日本まで来ないだろう、というのが某掲示板での大方の予想です。
確かに、ヨーロッパ開催のトリノを控えてアジアには来ないだろうな…。
どうなるか分らないけど、なるべくトップ選手がみたい…んだけどなぁ…。

しっかしテレ朝の放映はひどいの何の失恋
女子以外、本気で放送するつもりなさそう。男子までダイジェスト?
(生観戦するとはいえ、自国開催のファイナルのビデオを海外お取り寄せなわけ?)
ダンスショートって、新しいカテゴリーでしょうかねえ。
しかも、フリーはなくてショートが2回なんですって→http://figure2005.jp/japanese/schedules/index.html
悪いことは言わない、テレ朝はいますぐN○Kに放映権を渡すべき。
そして解説は樋口さんorヤマトでお願いします!
「豊の部屋」をハイビジョンだけではなく、せめてBS1でも^^;

週末に、やっとNHK杯の男子フリーをみました。
武史の不調ぶりに仰天+五十嵐さんの冷たい解説に爆笑。
中盤のコンボジャンプで「シングルトゥループ」って…。

エキシビもみました。
ミキティ、DOIよりこっちの衣装のほうがかわいい〜。
クリスティ・ヤマグチが滑ったら似合うだろうな、という感じのアメリカっぽいプロ。
ミキティは、髪型・メイクが本当にいい方向へ向かったので、キャロルは偉い!
大ちゃんは大ちゃんらしくて素敵だったし、村主さんはさすが!だったし、
中野さんのアメージングはやっぱりいいプロ!だとは思いますが、
やっぱスピンの軸足がぴんと伸びてなかったり、巻き足が目立ったり、
あともう1・2年たてばすっごくいいスケーターになると思います。期待大☆
マリパト、フリーの男性の衣装があまりに普段着っぽかったので、
このエキシビの衣装をまわせばよいのに…と思ってしまった。
あと、傘は黒じゃなくてもっとふんわりした色だとなお良いのに。
織田くん・デンスタは、おなじみのナンバーだからあえて触れません(?)
衝撃だったのはペアの優勝者・焼肉組(注:ジャン&ジャン)
男性は葉っぱ隊ですか・・・?
ジャングルクルーズに失敗しましたか・・・?
女性のホルターネックのトップはかわいいのに、中途半端なパンツのせいで台無し。
もったいない×2・・・。

ファイナルのエキシビでも、上記の面子は多々見られるわけで、
色々な意味で期待させていただきます。。。


posted by チェブ子 at 17:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

ファイナルの面子

ライサチェックがケガで欠場(本当か?)、ジュベールが繰り上げ来日となりました。
彼を見るのは、昨年のDOI以来。ヤグにくっついて一緒に客席をうろうろしてた印象が^^;
ライサチェックは日本連戦はつらいだろうなと思ってたし、
来シーズン以降も観戦する機会あると思うので、休養して全米とトリノに備えてほしい。

ジュベールの4回転が楽しみだなー♪
エリックをちょろっと見た限りでは、ヤグというよりイリヤの雰囲気になってました。
どんなお衣装でご登場なさるのかしら。
それが一番楽しみだったりします。


posted by チェブ子 at 17:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

ファイナルに向けて…

NHK杯も終わり、ファイナル出場者も決定→来週末が楽しみです♪
チェブ子は3日間全部観戦に行くので、月曜は使い者にならなさそうな予感でいっぱい。

2001年のファイナルを見に行っているので、正直面子はさびしいなあ、とも思うけど、
五輪用プログラムの生観戦だなんてうれしい^^。
ダンスで言えば、デンスタ・ベルアゴがみたかったし、
女子ではサーシャとしーちゃんがみたかったし(彼女の落選は想定外)、
男子ではプルシェンコがみたかったなあ。。。
上記の坊ちゃんは6月のDOIで「SEX BOMB」を見たからいっかー?
デンスタは、N杯見る限りではいいプロだけど調整が間に合うか心配。。。

さてさて、ここでファイナルに向けてチェブ子の希望的観測と一言るんるん

続きを読む
posted by チェブ子 at 22:53| ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

これどうよ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051205-00000016-spn-spo

ファイナル表彰台=五輪内定、の当初プランは消えたわけ(尾仁子お嬢様風に)?
城田部長、中野さんの台頭は嬉しいけど五輪代表はやれぬ、
といったところでしょうかねえ。
じゃあ最初から、荒川・安藤・村主で決めといて、
ケガとかアクシデントに見舞われた人を変更する、とかすればよかっただろうに。

男子は女子以上に混戦ですねー。
織田くんはとっても安定していて正確だけど、
大ちゃんのほうが華というかオーラがあるのよね。
本当に1枠が惜しい。
…1枠にしたのは誰のせいよ!?
posted by チェブ子 at 15:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

NHK杯はじまりました!

GPシリーズ最終戦となるNKH杯が大阪で開催されています。
初日の昨日は、ペアSPとダンスCD。
もはやマニアのチェブ子は「何が一番好き?」と聞かれると
「コンパル!」と即答しちゃいそう雪
かなり昔は3課題で、それが2課題になり、今は大会で1課題。
つまらんなー。
好きな課題は分りやすいパソ・ド・ブレ^^。
あとはちょびっと華やかなキリアン
(88年の、カルガリー五輪の課題だったの。あの頃は皆上手かったわ〜)

波乱の幕開けで、デンスタ2位のマリパトがトップ。
日本の木戸さんたち4位は立派&嬉しい。
お題はタンゴロマンチカ(すっごーくカッコいい素敵なタンゴ)。
しかも、テクニカルスペシャリストはあのセルゲイ・ポノマレンコ様ぴかぴか(新しい)
1992年アルベールビル五輪のチャンピオンであり、
チェブ子が一番好きなスケーター、クリモワ&ポノマレンコ。
見に行けばよかった・・・。

ペアSPはサフチェンコ達がトップ。
彼らは、昨年のヨロ選→ワールドでとっても進化したペアなので、
これからに期待眼鏡
スケカナではロシアペアを破って優勝してるしね。
ちらりと映る、長野五輪銅メダリストのシュトイヤーがコーチ。
ドイツらしく質実剛健な感じの組だったけど、
ボーチェルさんは何してるんでしょう?
ご存知の方いたら教えてくださいなビール

詳しくはこちらでチェックしてね↓
http://figureskating.weblogs.jp/

posted by チェブ子 at 11:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

10年来の趣味

冬に一番ウラーを感じるのは、そう、フィギュアスケート黒ハート
「氷上の華」だとか「銀盤の貴公子」だとかいろんな形容がされますが、それだけ華やかなスポーツですよね♪たまに奇行師とも言うとか言わないとか…。

今シーズンはトリノオリンピックもあるし、GPファイナルは東京開催だし、もっといえば2007年の世界選手権は東京!
…って先走りすぎ^^;

おりしも今週末はNHK杯。
ミキティや大ちゃんらが地元でどこまで活躍できるか期待!
ブルガリアのダンスカップルにも復活してほしい。。。

ちなみに。
私チェブ子が好きなアマチュア選手は、
女子:スルツカヤ(ロシア)
男子:グリアツェフ(ロシア)
ペア:トットミアニナ&マリニン(ロシア)
ダンス:デロベル&ショーンフェルダー(おふらんす)
プロ選手は思い入れ強すぎて、簡単には書けませんダッシュ(走り出すさま)

posted by チェブ子 at 23:07| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。